めろんカフェ

関東首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、働くママです。我が家の適当明るい男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子をご紹介します。日記や日々の写真、イラストが入ります。

タグ:ヘクセンハウス

おはようございます♪ 昨日は、クリスマスの「お菓子の家」を作っていました。 子どもたちのために、兄弟でたっぷり食べられるおいしいクッキーで、中まで楽しいサンタたちの家――。 サンタがふたりいるのは、兄弟ふたり分です♪ ちゃんと屋根(蓋)も閉まります☆ のせ ... 続きを読む
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウスa
おはようございます♪
昨日は、クリスマスの「お菓子の家」を作っていました。

子どもたちのために、兄弟でたっぷり食べられるおいしいクッキーで、中まで楽しいサンタたちの家――。
サンタがふたりいるのは、兄弟ふたり分です♪


ちゃんと屋根(蓋)も閉まります☆
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス01a
のせてもずり落ちることのない傾斜に仕上げています。
固定してあるほうの屋根を短く急な角度にして、はずせるほうを緩やかにしました。

屋根を開けると、こんな感じに住人たちがお出迎え。これぞ「お菓子でできたおうち」。
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス02a
子どもたちが覗き込んで、ちいさくなってこのなかに住んでみたいと、すごく喜んでくれました。
テレビとソファーもあります。
センターのテーブルは、おさかなの形に椅子が2脚、それぞれのカラー(ふたりの好きな色)のクッションつきです。

あと、扉へ向かう靴跡をつけてみました♪
雪のアイシングが乾ききってしまう前に、スプーンの柄でちょんちょんとつついたのです。

ちょっとした遊びゴコロです。
好きなんです、こういうちまっとしたアイディア☆


家の外から見ると、こんな感じに窓や扉から室内を眺めることができます。
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス03a

窓から差し込む光がいい感じに撮れました。
dd1e60b0.jpg

カラースプレーとアラザンをアイシングに貼ったクリスマスツリーと星、そしてふたり分のくつしたの飾られた暖炉があります。

今回の材料は、3棟分のクッキーで――
無塩バター・・・280g
グラニュー糖・・・160g
卵黄・・・2個分
薄力粉・・・500g
と、なりました。天板4枚分です。

去年と今年に作ったヘクセンハウスの、丁度2倍の量ですね。
アイシングシュガーその他も、約2倍使いました。


▽こちらにヘクセンハウス「お菓子の家」の作り方が詳しく載っています(どちらも新しいウィンドウで開きます)。
『ヘクセンハウス2012☆クリスマスのお菓子の家』
『ヘクセンハウス村へようこそ♪☆簡単おいしいクッキーで作る、2013クリスマスお菓子の家』


もう2棟作ったというのがこちらです。
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス05a
「ハッピーバースディ」なのは、このクリスマスのある週に誕生日を迎える職場のおふたりへの、贈り物だから。

先日放送されたNHKBSプレミアム『写ね~る』のホームページを見て、「おお、いいなぁ。食べてみたい」と仰ってくださったので、贈ろうと思ったのでした。

そんなわけでこちらは、てのひらサイズのヘクセンハウスになっています。
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス06a
ケーキ皿にポンと置いて丁度良いサイズ。
まさにプチギフト♪

透明な袋にラッピングして、ちいさなケーキ箱に入れました。
喜んでくれるといいな。


今年の2013年版ヘクセンハウス「お菓子の家」。
作った本人も食べた家族も、特に子どもたちは大満足してくれました。
ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス07a
今年がんばった分、また来年のグレードアップが期待されて大変そうな予感ですけれど(笑)

好きなことは、がんばれます♪
また来年のクリスマスに向けて、アイディア練っとかないとですね☆


一度は憧れたことのある「お菓子の家」。
グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」を読んで、私も子どものころからいつか作ってみたいと思っていました。

もしよかったら、お時間に余裕のあるかたはぜひチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに、大きなほうのヘクセンハウスは、もう残っていません。
完成して写真を撮った後、家族みんなであっという間に食べてしまいました☆

気軽にたくさん撮影できるデジタルカメラ時代に感謝!


ここまで読んでくださいまして、ありがとうございます。
素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ♪


☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


スパイスブログ認定スパイス大使
スパイスブログ認定スパイス大使

おはようございます! 2013年のヘクセンハウス、とうとう完成しました♪ 子どもたちと話し合った結果、それぞれのお菓子の家を建てることに。 贅沢にも、ひとり一棟ということで(笑) それから、めろんカフェのヘクセンハウスはレープクーヘンではなく、クッキーで作 ... 続きを読む
9b55b3f8.jpg

おはようございます!
2013年のヘクセンハウス、とうとう完成しました♪

子どもたちと話し合った結果、それぞれのお菓子の家を建てることに。
贅沢にも、ひとり一棟ということで(笑)


それから、めろんカフェのヘクセンハウスはレープクーヘンではなく、クッキーで作られています。
なので、サクサクとした食感でほどよく甘く、普通においしく味わうことができます♪

そして今年も、簡単でシンプルな素材で作ることができるレシピにしました。
例年と違う点は、大きさをひとりぶん(ちょっとたっぷりかも☆)にして、ふたつ一気に作ったことですね。


本当は『ヘクセンハウスの街』といきたかったのですが、食べる人数を考えて『村』に(笑)

材料を1/2にして『おひとりさまヘクセンハウス』にしても、パーティ参加の人数分を作って並べることもできます。たくさん作ると手間はかかりそうですが、おおいに盛り上がりそうです♪


最近、手作りにチャレンジするひとが増えてきたお菓子の家『ヘクセンハウス』。
食べるかた、食べるときのの笑顔を思い浮かべながら、のんびりゆったりと作ってみてくださいね。

もし割れてしまっても、味のおいしさは変わりません。
それに、クッキーのレシピは予備パーツを作ることができるくらい余裕があります。屋根など、心配なパーツは余分に焼いておいてくださいね。
完成したとき余ったら、味見ということでおいしく頂いちゃってくださいませ♪


このレシピが、誰かの笑顔やチャレンジのきっかけになれると嬉しいです。


ではさっそく、作っていきまっしょい♪


☆万能クッキーの作り方(ヘクセンハウス用)

<<材料>> 分量8人分(天板2枚分・ハウス2個+余裕あり・寝かせ時間を除いて約30分)

無塩バター・・・140g
グラニュー糖・・・80g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・250g

<<作り方>>

① 無塩バターを室温に戻すか溶けない程度にレンジ加熱してやわらかくします。泡立て器でクリーム状に練り、砂糖を加えてよく混ぜ、黄身を加えてさらに混ぜます。
ヘクセンハウスのクッキー01

② 薄力粉を加えてヘラに持ち替え、混ぜます(手の熱でバターを溶かさないためです)。
ヘクセンハウスのクッキー02

③ 生地をまとめ、ラップをして冷蔵庫で20~30分ほど冷やします(生地をなじませ、型で抜きやすくします)。
ヘクセンハウスのクッキー03

④ 6mmほどの厚さに均一に伸ばし、生地を切っていきます。クッキングシート等を敷き、その上で型紙をなぞるように切り、周囲を取り除く方法だと簡単にできます。
ヘクセンハウスのクッキー04
ヘクセンハウスのクッキー05

⑤ オーブンを180度に予熱して、天板に並べたクッキー生地を入れます。15~18分、キツネ色になるまで焼いたら、取り出して網にのせて冷ましておきます。
ヘクセンハウスのクッキー06
クッキーのパーツは、これで完成です♪


☆パーツの大きさ

〇「土台」9cm×10cm、「屋根」5cm×9cmを各2枚、「横壁」4cm×7cmを2枚、「正面壁」と「後ろ壁」ヨコ7cm・両端4cm・中央の高さ7cm(つまり7cmの正方形から切っています)。

〇「正面壁」の入り口部分は、3cm×3cmの正方形に抜いています。


---------------


☆ヘクセンハウスの組み立てかた

あいかわらず我が家は、ティースプーンとバターナイフで組み立てております(笑)
あるもので大丈夫なのですよっ♪

▽今回使ったアイシングシュガーと色粉
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ01a
アイシングは従来どおりの粉糖と卵白を混ぜても作ることができます。
色粉は、自然由来のもの。くっきりとした明るい色ではなく、やわらかな優しい色合いに仕上げることができました。


<<組み立て手順>>

① 必要かもしれないものは、できるだけ手もとに揃えておきます。
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ01

② 土台にアイシング(白)を塗ります。
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ05

③ 接合部分にアイシングを塗りながら作業を進めます。壁4枚を土台の上に組み、そのあとで屋根をのせます。接合部分の隙間は、アイシングで埋めます。
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ06

④ 屋根の色(黄色とピンク)を作り、塗ります。乾ききらないうちに、チョコプレートやアラザン(銀)を貼りつけます。
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ07
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ08
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ09

⑤ 屋根の端をなぞるようにアイシング(白)を垂らし、雪に見立てて飾ります。リースは、円のクッキーをアイシングで貼り付け、アイシング(緑)を塗り、乾ききらないうちにカラースプレーを貼りつけていきます。普段のキャラ弁当につかうようなピンセットがあると便利です(竹串でもokです)。
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ10

⑥ メレンゲでできたきのこ等のパーツを、アイシングでつけます。できあがったそれぞれのヘクセンハウスを、皿やボードに配置します(我が家では木製のペストリーボードを使いました)。
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ11

⑦ メレンゲドールやきのこ、パイで作った食べられるツリー等を飾ります。全体の様子を見ながら、雪に見立てた粉糖をふりかけ、ヘクセンハウス村の完成です♪
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ12


---------------


▽市販のパイ生地で、ツリーを作ることができます。

大きさが少しずつ違う型で抜き、200度に予熱したオーブンで16~18分焼きます。それを余ったアイシングで接着しながら、下から大きい順に重ねていきます。抹茶パウダーや粉糖を茶漉し等でふりかければ、食べられるツリーになります♪
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ02
クリスマスのヘクセンハウス村へようこそ03


---------------


お伝えしたいことが多くて、長くなってしまいました。
ここまで見てくださったかた、本当にありがとうございます♪

クリスマス203ヘクセンハウス村へようこそa
みなさまに、素敵なクリスマスが訪れますように♪

---------------

☆追記です。

2013年のクリスマスには、こんなお菓子の家も作りました。
よろしければぜひ、見てみてくださいね♪
『ヘクセンハウスお菓子の家(室内もばっちり)☆窓と家具つきサンタのドールハウス・2013クリスマス』
(新しいウィンドウで開きます)


☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


スパイスブログ認定スパイス大使2013
スパイスブログ認定スパイス大使2013

こんばんは!(*^-^*)/ 寒さが厳しさを増す今日この頃、いよいよクリスマスも近くなってきました。 そんななか、本日――。 2012年度のヘクセンハウス(お菓子の家)、赤い屋根のおうちが完成しました! 今年の我が家は理由があってクリスマス当日にお祝いができません ... 続きを読む
ヘクセンハウス2012000
こんばんは!(*^-^*)/
寒さが厳しさを増す今日この頃、いよいよクリスマスも近くなってきました。

そんななか、本日――。

2012年度のヘクセンハウス(お菓子の家)、赤い屋根のおうちが完成しました!
今年の我が家は理由があってクリスマス当日にお祝いができませんので、こうして前倒しにちょこちょこ作っています。

最近作る人も増えてきたヘクセンハウス、手間は大変ですが、ゆっくり挑めば意外に楽しく作れちゃうものです。
このブログを読んで「作ってみような」と思ってくださったかた、ありがとうございます。

誰かの、美味しいお菓子と楽しい時間のきっかけになれれば、嬉しいです。

今日のレシピは長いです、すみません。
その分、わかりやすくご紹介させていただきました。

☆☆☆
覚え書きとしておととしのレシピを紹介しましたが、自分で作ってみて割れやすいと感じましたので、レシピを見直しました。普通のクッキーとしても型抜きとしても、のばしやすく扱いやすく、味わいおいしいレシピとして改善いたしましたので、本日の作り方のほうで、どうぞよろしくお願いします。
☆☆☆

ではでは、レシピと組み立て方です。

▽組み立ての素材となる材料、全体図です。
ヘクセンハウス2012008
上にあるクッキーは「土台」13cm×18cmを1枚、左の「屋根」8cm×15cmを2枚、右の「横壁」8cm×13cmを2枚、下にある「正面壁」と「後ろ壁」8cmと10cmのタテヨコに、中央の高さを12cmで2枚作ります。
あとは余った生地で、リースと柵を各1個ずつです。

生地はすこしだけ余るくらいです。
型紙は「クッキングシート」で作りました。
大きさは、接する部分が同じ長さなら多少自分なりに工夫してもokだと思います。

ではまず、クッキーから焼いていきまショウ!

-----------------
☆万能クッキーのレシピ

<<材料>> 8人分(天板2枚分・約30分・生地の冷やし時間除く)

無塩バター・・・140g
グラニュー糖・・・80g
卵の黄身・・・1個分
製菓用薄力粉・・・250g

<<作り方>>

① やわらかくしたバター(室温に戻す、もしくは溶けない程度にレンジ加熱)を、泡立て器でクリーム状に練ります。砂糖を加えてよく混ぜ、黄身を加えてさらに混ぜます。
ヘクセンハウス2012002

② 薄力粉を加えてヘラに持ち替え、混ぜます。まとめたらラップをして冷蔵庫で20~30分ほど冷やし、なじませます。
ヘクセンハウス2012003

③ オーブンを180度に予熱します。

④ めん棒で6mmほどの厚さに均一に伸ばし、生地を切っていきます。
ヘクセンハウス2012004

※生地が大きいので、クッキングシートの上で型紙からなぞり、周囲を取り除いていく方法なら失敗がありません。
ヘクセンハウス2012005

▽「正面壁」には、ドアをつけてくださいね。
ヘクセンハウス2012007

⑤ 180度に予熱したオーブンで15~18分、キツネ色になるまで焼いたら、クッキー部分はできあがりです。


-----------------
☆ヘクセンハウスの組み立てです。
コルネは使わず、スプーンとバターナイフだけで作りました。

▽アイシングのかわりに使ったものと、食用の色粉。
ヘクセンハウス2012017
もちろん、普通に卵の白身と粉糖でもできます。

<<組み立て手順>>

① 必要なものは手もとに揃えておきます。さあ、はじめます♪
ヘクセンハウス2012009

② 土台にアイシング(白)を塗ります。
ヘクセンハウス2012010

③ 接する部分にアイシングを塗り、壁4枚を土台の上に組みます。
ヘクセンハウス2012011

④ 屋根を2枚同時に貼ってから、上の接する部分をアイシングで埋めます。
ヘクセンハウス2012012

⑤ アイシング(赤)で屋根を塗ります。周囲ぎりぎりまで塗らなくてokです。あとで(白)をつけますので。
ヘクセンハウス2012013

⑥ 屋根が乾ききらないうちに、トナカイのチョコプレートとアラザン(銀)を貼ります。扉横にツリー型のチョコプレートを設置します。
ヘクセンハウス2012016

⑦ リースにアイシング(緑)を塗り、壁に貼り付けてから、カラースプレーをデコレーションします。
ヘクセンハウス2012015

⑧ 扉や柵を設置して、アイシング(白)で接合部分などをきれいに隠していきます。屋根のふちにも塗ります。
ヘクセンハウス2012014

⑨ キノコやサンタのメレンゲドールを飾れば、できあがりです♪
ヘクセンハウス2012001

-----------------
☆ここまでお付き合いくださいましたかた、ありがとうございます!

クッキーから焼き始めて、完成まで3時間ほどかかりました。
大変な作業ですが、帰宅して途中から眺めていた子どもたちから、「ママすごい!」と誉められました。
喜ぶ顔は、大変さを上回る嬉しさです。

一緒に作ったりして、作業そのものも楽しめると最高ですね。
もし割れてしまっても、おいしく食べられます。失敗は成功のもと。

みなさま、どうか素適なクリスマスを!!(*^-^*)/


☆☆☆

追記(2013.11.09)

ほぼ毎年作っているヘクセンハウス――お菓子の家。
レープクーヘンや固いものではなく、普通においしいクッキーで作っていることもありまして、子どもたちの印象はとても強いようです。

手間をかけて作り続けている甲斐があったのか、すっかり「お菓子の家をたてられるママはすごいひと!」というイメージが定着したようです。

グレードアップを期待され、毎年、大変な苦労をしそうな予感がしているこの時期なのでした。
けれどやっぱり、大切な子どもたちの期待には応えなければ! との想いもあります。

なので、「もう無理w」と言いつつもまたその翌年もがんばっているという次第です(笑)


▽参加しています!
「【番組コラボ企画】男をオトす♪クリスマス料理」コーナーにレシピを掲載中!




☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


後日また改めて作ってみようと思いますが、とりあえずおととしのレシピを覚え書きの意味でまとめました。 今年はどんな感じにしようかなぁ……(*^-^*) 諸事情により、我が家のクリスマス、今年はちょっぴり早く訪れる予定です。なので、今から考えておかないとバタバタし ... 続きを読む
2010ヘクセンハウスめろんぱん
後日また改めて作ってみようと思いますが、とりあえずおととしのレシピを覚え書きの意味でまとめました。

今年はどんな感じにしようかなぁ……(*^-^*)

諸事情により、我が家のクリスマス、今年はちょっぴり早く訪れる予定です。なので、今から考えておかないとバタバタしてしまいそう。

めっちゃでっかいものを焼いて、家族では食べ切れなかったこともあるので、このくらいの大きさが丁度良いかなぁと検討中です。

大きすぎると、乾かすのも大変ですし!

とりあえず、メモの意味でカキカキ。


※以下、2010年度のレシピになります。

----------------------
☆☆☆
追記:2012.12.12こちらのレシピを見直し、より作りやすいものに改善しました。
こちらになります(新しいウィンドウで開きます)。
ヘクセンハウス2012☆クリスマスのお菓子の家
☆☆☆
----------------------


☆「クッキーでつくる、ヘクセンハウス」のクッキー部分

<<材料>>
無塩バター・・・140g
製菓用薄力粉・・・250g
砂糖・・・60g
トレハロース(なければ砂糖で)・・・20g
卵・・・1/2個(約30g)
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4

<<作り方>>
① ボールに室温に戻した無塩バターを入れて、泡立て器でクリーム状に練り、砂糖・トレハロースを加えてすり混ぜます。

② 卵を加えて、さらに泡立て器で混ぜ、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてるったものを一度に加え、ヘラに持ち替えて混ぜます。

③ 粉っぽさが消えたらまとめて、ラップに包んで冷蔵庫に入れて30分ほど寝かせます。

④ ボードに生地を乗せて6mm前後の厚さにのばし、ナイフで生地を切ってハウスの屋根や壁、柵、煙突、地面等を作ります。

⑤ 170度に予熱したオーブンで12分ほど焼きます。

⑥ 網に乗せて冷まします。


☆パイでクリスマスツリー
パーツが揃ったところで、今度は冷凍パイシートでツリーの星型パーツを作ります。
表記のとおりに解凍して、型で抜いて焼きます。だいたい200度のオーブンで焼きます。今回のヘクセンハウスでは、2シート使いました。


☆アイシング
今回のアイシング、全部作れる量です。

<<材料>>
卵白・・・40g
粉糖・・・190g
色付け(天然の食用色素・赤と緑)・・・各少量(みみかき1杯ほどの量)

<<作り方>>
卵白に、少しずつ様子をみながら粉糖を加えていき、その都度よく混ぜます。
色を付けるときには、ちいさな容器に数滴の水(分量外)で溶いた色素にアイシングを入れてよく混ぜます。

2010ヘクセンハウスめろんぱん02

☆組み立て

① 白いアイシングを作りましたら、すこし取り分け、赤と緑のアイシングを作ります。
アイシング

② 地面の大きなパーツ全体に白いアイシングを塗ります。壁と屋根をアイシングで接着して、同じように接着して作ったハウスを乾く前くらいに設置します。私は右半分にヘクセンハウス、左にツリーの一番下の段になるパイを置きました。
ベースになります←配置例です。

③ 屋根は赤いアイシングで塗りますが、最終的に10g分を塗りました(参考になるかどうかですが)。コルネで絞って作るものですが、今回は白いアイシングの仕上げのデコレーション分1個でできました。屋根や接着・リース等は、簡単にスプーンで。
スプーンで塗れます

④ 塗ったあと、キラキラなアクセントをつけるため、「ジュエリーシュガー」をアイシングが乾く前に一粒ずつ貼りました。
屋根のキラキラ

⑤ ちいさなこだわった部分をひとつ丁寧に作ると、全体にメリハリができてオススメです。今回はリース部分で。
ちいさなところ

⑥ 土台全体にアラザンを散らします。

⑦ 好みのチョコレートプレートや砂糖菓子で、クリスマスのデコレーションをしていきます。
白いアイシングをコルネ(ちいさな絞り袋)やスプーンで、屋根のふちや雪の積もりそうな部分に絞って、気持ち少しだけたらす感じにします。

⑧ 星型パイを、おおきいものから順に重ねていってツリーを作ります。生クリームを絞りながらイチゴとブルーベリーを固定しつつはさみ、重ねて仕上げます。

⑨ 乾けば出来上がりです♪


では後日、今年のヘクセンハウスを作ってみよ~!!!

嗚呼、どうか体力がありますように('∇';


(※今回のレシピは、2010年度に作ったもののまとめになります)


☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


ではでは。 続きになります。 白いアイシングを作りましたら、すこし取り分け、赤と緑のアイシングを作ります。 地面の大きなパーツ全体に白いアイシングを塗ります。壁と屋根をアイシングで接着して、同じように接着して作ったハウスを乾く前くらいに設置します。私 ... 続きを読む
2010ヘクセンハウスめろんぱん02

ではでは。

続きになります。


白いアイシングを作りましたら、すこし取り分け、赤と緑のアイシングを作ります。
アイシング

地面の大きなパーツ全体に白いアイシングを塗ります。壁と屋根をアイシングで接着して、同じように接着して作ったハウスを乾く前くらいに設置します。私は右半分にヘクセンハウス、左にツリーの一番下の段になるパイを置きました。
ベースになります
こんな感じになります。

屋根は赤いアイシングで塗りますが、最終的に10g分を塗りました(参考になるかどうかですが)。
コルネで絞って作るものですが、今回は白いアイシングの仕上げのデコレーション分1個でできました。
屋根や接着・リース等は、簡単にスプーンで。
スプーンで塗れます
塗ったあと、キラキラなアクセントをつけるため、「ジュエリーシュガー」をアイシングが乾く前に一粒ずつ貼りました。
屋根のキラキラ

ちいさなこだわった部分をひとつ丁寧に作ると、全体にメリハリができてオススメです。今回はリース部分で。
ちいさなところ
普段お弁当に活躍している、食品用のやわらかいピンセットです。白いアイシングをちょんとつけて、カラースプレーを貼っています。使った物は「トリオスプレー」です。アラザンは地面に散らして使いました。
アラザンとカラースプレー

好みのチョコレートプレートや砂糖菓子で、クリスマスのデコレーションをしていきます。
白いアイシングをコルネ(ちいさな絞り袋)で屋根のふちや、雪の積もりそうな部分に絞って、気持ち少しだけたらす感じにします。

あとは星型パイを、おおきいものから順に重ねていってツリーを作ります。
生クリームを絞りながらイチゴとブルーベリーを固定しつつはさみ、重ねて仕上げます。

あとは乾けば出来上がりです♪
2010ヘクセンハウスめろんぱん


みなさん、素適なクリスマスを。

いつも応援してくださっているかた、本当にありがとうございます。
励みに頑張ります!



応援クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村

今年のヘクセンハウス、去年のはでっかくて食べきれないくらいでしたので大きさを見直し、カラフルに仕上げました。 ツリーは市販の冷凍パイ生地を利用して、ヘクセンハウスはクッキーを焼いて作りました。 根がテキトー人間のため、型紙は作らずほぼフリーハンドでナイ ... 続きを読む
2010ヘクセンハウスめろんぱん

今年のヘクセンハウス、去年のはでっかくて食べきれないくらいでしたので大きさを見直し、カラフルに仕上げました。

ツリーは市販の冷凍パイ生地を利用して、ヘクセンハウスはクッキーを焼いて作りました。

根がテキトー人間のため、型紙は作らずほぼフリーハンドでナイフで生地を切りました。組み立てられたので、それでもなんとかなったようです(笑)

レシピはオリジナルのもので、クッキーの作り方を載せておきます。

ヘクセンハウスそのものを作る手順も、おおまかに記しました。

クッキーレシピの分量は、5~6人分のヘクセンハウス写真のものをひとつ作るのに適量だと思われる量です。


☆「クッキーでつくる、ヘクセンハウス」のクッキー部分

<<材料>>

無塩バター・・・140g
製菓用薄力粉・・・250g
砂糖・・・60g
トレハロース(なければ砂糖で)・・・20g
卵・・・1/2個(約30g)
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4


<<作り方>>

① ボールに室温に戻した無塩バターを入れて、泡立て器でクリーム状に練り、砂糖・トレハロースを加えてすり混ぜます。

② 卵を加えて、さらに泡立て器で混ぜ、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてるったものを一度に加え、ヘラに持ち替えて混ぜます。

③ 粉っぽさが消えたらまとめて、ラップに包んで冷蔵庫に入れて30分ほど寝かせます。

④ ボードに生地を乗せて6mm前後の厚さにのばし、ナイフで生地を切ってハウスの屋根や壁、柵、煙突、地面等を作ります。

⑤ 170度に予熱したオーブンで12分ほど焼きます。

⑥ 網に乗せて冷まします。



<<ワンポイントアドバイス>>

手順②について、手の熱が伝わってバターが溶け、焼きあがったときサクサク感がなくなるので、私はシリコンヘラで混ぜてまとめ、手は使いません。散ったり重かったり大変だと思うかもしれませんが、なれるときれいな生地ができます。

手順⑥では、地面などの大きなパーツはオーブンシートからはがすと壊れやすいので、そのまま網に乗せて冷まします。



☆パイでクリスマスツリー

パーツが揃ったところで、今度は冷凍パイシートでツリーの星型パーツを作ります。

表記のとおりに解凍して、型で抜いて焼きます。だいたい200度のオーブンで焼きます。今回のヘクセンハウスでは、2シート使いました。


☆アイシング

今回のアイシング、全部作れる量です。

<<材料>>

卵白・・・40g
粉糖・・・190g

色付け(天然の食用色素・赤と緑)・・・各少量(みみかき1杯ほどの量)


<<作り方>>

卵白に、少しずつ様子をみながら粉糖を加えていき、その都度よく混ぜます。

色を付けるときには、ちいさな容器に数滴の水(分量外)で溶いた色素にアイシングを入れてよく混ぜます。



いったん切って、組み立てについて書きます。

ではでは。




応援クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村