めろんカフェ

関東首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、働くママです。我が家の適当明るい男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子をご紹介します。日記や日々の写真、イラストが入ります。

タグ:バター

訪れてくださって、ありがとうございます。おおみそか、ですね。本当に一年、あっという間です。ブログを訪れてくださるかた、本年も大変お世話になりました。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。本日は、朝のうちにガレットのクッキーを焼きました。ガレット、とはい ... 続きを読む
簡単ガレットクッキー11
訪れてくださって、ありがとうございます。

おおみそか、ですね。
本当に一年、あっという間です。

ブログを訪れてくださるかた、本年も大変お世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は、朝のうちにガレットのクッキーを焼きました。
ガレット、とはいっても、新年に作っているガレット・デ・ロワとは違う、サクサク食感のクッキーのほうです。

おやつに、と思っていたら、朝のうちになくなっちゃいました☆
塩の味がして香ばしく、おいしかったとのこと。
お兄ちゃんとパートナーが特にぱくぱく食べてくれたので。

塩は、我が家で使っているゲランドの塩です。
ゲランドの塩は、フランスのブルターニュ地方で生産されています。
「ガレット」という言葉は、丸くて薄いものを意味しており、そば粉のクレープをガレットとよく呼んでいますね。
今回作ったのは、ガレット・ブルトンヌというクッキーのほうです。

簡単ガレットクッキー08
サクサクで、塩の味がちょこっとして、香ばしいです。
紅茶と一緒にいただきました。

おいしくできたので、レシピをご紹介いたしますね。

粉糖で歯ざわりよく、アーモンド粉で風味よく、手順も簡単です。
食べきれて作りやすい、ちょうどの分量にしました。


■材料(直径5cmほどの円で15~16個ほど)■

無塩バター・・・50g
粉糖・・・50g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・80g
アーモンド粉・・・20g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4
塩・・・ひとつまみ

溶き卵・・・1/4個分(焼く前に塗る用)

■作り方■

【1】室温に置いてやわらかくした無塩バターに粉糖を加え、しっかり混ぜてクリーム状にします。卵黄、塩を加えて、さらに混ぜます。
簡単ガレットクッキー01

【2】薄力粉とアーモンド粉、ベーキングパウダーを入れて混ぜ、生地をまとめます。
簡単ガレットクッキー02

簡単ガレットクッキー03

【3】5mmほどの厚さにのばして、円型で抜きます。セルクルでもコップでも、おうちにあるものでokです。竹串等で、表面に線を何本か引きます。
簡単ガレットクッキー04
※抜くのは、プラ製カップを使いました☆

【4】天板に並べて、溶き卵を表面に塗ります。
簡単ガレットクッキー05

【5】180度に予熱したオーブンに入れて、12分ほど焼きます。
簡単ガレットクッキー06
※オーブンで焼きあがる様子を撮っています。

【6】焼き上がりです♪
簡単ガレットクッキー07
※網等にのせて、しっかり冷まして余分な水分を飛ばすとおいしいです。もちろん焼きたてもおいしいです☆)

▽網状のマルチベーキングマット「シルパン」は、クッキーの焼き上がりが特に上手にサクッと仕上がるので、お気に入りです。
簡単ガレットクッキー09
裏もこんなふうに、とっても可愛く仕上がります。

仕上がり写真の撮影には、いろいろ背景や下を変えたりして、どれがいいかなぁ~なんて画像を見て選んだりすることも。
簡単ガレットクッキー13
こんなのとか。

簡単ガレットクッキー12
こんなのも。

皿もお菓子も同じなのに、下が違うだけでちょっと雰囲気変わりますよね。
レシピ画像は、お菓子のおいしさと、仕上がりを伝えるために、いつもできるだけシンプルになるよう、心掛けています。

実際に作るときの参考に少しでもなれると、嬉しいなと思います。


来年も良い年でありますように。
改めまして、今年一年、ありがとうございました!!


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。今回いただいたモニター品、「ミツカン 八方だし(500ml)」です。「八方色々な料理の味のベースとして」とのことで、この名前だそうです。まさにさまざまな料理で大活躍のだしです。香り良く、一本加えるだけで旨みがぴたっと決まる ... 続きを読む
八方だしでじゃがバター07
訪れてくださって、ありがとうございます。

今回いただいたモニター品、「ミツカン 八方だし(500ml)」です。
「八方色々な料理の味のベースとして」とのことで、この名前だそうです。まさにさまざまな料理で大活躍のだしです。
IMGP4046a
香り良く、一本加えるだけで旨みがぴたっと決まる逸品を、超簡単な料理に活用してみました。
家族もだいすき、「じゃがバター」です。

素晴らしい味ならば、簡単料理に活かさない手はありません!
あまりに簡単で、むしろすみません!

でも、すごくおいしかったです。
昨日作ったのですが、食べたくなってさっきも作ってきました☆


■材料(2人分)■

「ミツカン 八方だし」・・・適量(お好みで。小さじ1/2×2個分がおすすめです)
じゃがいも(中)・・・2個
無塩バター・・・20g


■作り方■

【1】じゃがいもは皮付きのままきれいに洗い、表面に竹串やナイフで数箇所穴を開けておきます(レンジ加熱で蒸気の逃げ場を作るためです)。ラップやレンジ加熱用の容器に入れ、レンジ600Wで5~6分加熱してやわらかくします。
八方だしでじゃがバター01

【2】次にアルミ箔で覆い、オーブントースターで10分加熱します。
八方だしでじゃがバター02

【3】ナイフを×の字に入れ、無塩バターをのせます。「ミツカン 八方だし」をかけたら、できあがりです。
八方だしでじゃがバター08

▽熱いうちに、いただきました♪
八方だしでじゃがバター05
無塩バターは、お菓子用に購入しておいたものを使いました。
塩が加えられているバターでもよいのですが、味が濃くなりすぎたり、塩味が強くなってしまうので。

その分「八方だし」を使い、香りと旨みを堪能しました!
おいしいおだし、ご馳走さまです♪


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


【レシピブログ/フーディーテーブルのフーディストアワード2019レシピ&フォトコンテスト」参加中】
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019