めろんカフェ

関東首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、働くママです。我が家の適当明るい男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子をご紹介します。日記や日々の写真、イラストが入ります。

タグ:ガレットデロワ

訪れてくださって、ありがとうございます。アップがちょっと遅れましたが、今年のガレット・デ・ロワです。パクサクッと手軽に食べることができるよう、ひとりぶんずつ成形し、焼き上げました。使った冷凍パイ生地は、10cm×10cmのもの、全部で12枚。2枚でアーモンドクリーム ... 続きを読む
2019ガレットデロワ01a
訪れてくださって、ありがとうございます。

アップがちょっと遅れましたが、今年のガレット・デ・ロワです。
パクサクッと手軽に食べることができるよう、ひとりぶんずつ成形し、焼き上げました。

使った冷凍パイ生地は、10cm×10cmのもの、全部で12枚。
2枚でアーモンドクリームをはさんで焼き上げるから、6人分(6個分)です。

兄弟で王冠を取り合いそうなので、当たりは2個、用意しました。
王冠も二つ。
うまい具合に子どもたち2人に当たりましたので、今年は平和な一年のスタートに!

アーモンドクリームは、いつもの16cmほどの出来上がり分と同量、同じレシピで作りました。
型いらず、6個分の個別で焼いたら、ちょうど良い量でしたのでおすすめです。

▽アーモンドクリームのレシピはコチラでご紹介しています。
翔泳社 みんなの暮らし日記ONLINE『新年のお祝いに!簡単ガレット・デ・ロワ』

こちらの冷凍パイシート2枚を、今回は10cm正方形の冷凍パイシート12枚に。
クリームの作り方は、混ぜるだけの簡単、シンプルな材料のままです。

パイシートは、こんな感じで使いました。
2019ガレットデロワ06
パイ生地を重ねたときの接着は、周囲に水を薄くつけて、フォークで模様をつけながら押さえています。
卵は、焼き色をつけるため表面にしか塗っていません。

① 冷凍パイシートを解凍し、6枚の表面に竹串やフォークを立てて、全体に穴をあけます(均一に焼き上げるためです。この作業をピケといいます)。
② アーモンドクリームを中央にのせ、「当たり」としてフェーヴ(指輪や陶器の人形が使われますが、アーモンドやレーズンで代用ok。我が家は今回レーズンにしました)を埋めます。
③ 周囲に水をつけて残りの6枚をそれぞれに重ねます(できるだけ空気が入らないように気をつけます)。
④ 周囲にフォークを押し付け、表面にナイフで模様をつけます。ナイフで線を描くとき、穴をあけないよう表面のみを薄く切ります。

▽今回の模様です。左下から順に、イラスト内で赤い部分を順に、パイの表面に引いていきます。
20190113ガレットデロワ5
⑤ 表面に溶いた卵を塗り、真ん中に竹串で穴をあけます(このときは、パイ生地をしっかり貫きます)。
2019ガレットデロワ09

あとは、上記リンクのアーモンドクリームを記載したレシピページと同じく、200度に予熱したオーブンで25分ほど焼きます。
2019ガレットデロワ10

これで配りやすく、サクサク食べやすいガレット・デ・ロワの完成♪
切り分ける手間や場所のないパーティでは、こんな感じに焼き上げる方法もおすすめです。

そういえば、ガレット・デ・ロワのリンクはこちらにも載せていただいていますので、ご紹介です☆
翔泳社 みんなの暮らし日記ONLINE『お菓子作り好きな私の、気取らない台所収納』

我が家のキッチン収納と、リビングの一部の様子が分かるようになっています。
本場フランスでは、1月いっぱいガレッド・デ・ロワを楽しむのだそう。
今から作っても、決して遅くはないですよ☆

よろしくお願いいたします♪

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。