めろんカフェ

関東首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、働くママです。我が家の適当明るい男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子をご紹介します。日記や日々の写真、イラストが入ります。

カテゴリ:日記・写真・街のおいしいもの > 横浜・神奈川の写真とおいしいもの

訪れてくださって、ありがとうございます。本日のブログ記事は長くて、写真多めでお届けいたしますので、ご了承くださいませ!昨日7月17日に、「カワスイ」がオープンしました。川崎駅スグの「川崎ルフロン」内、9階と10階です。ビル内都市型の水族館。イルカこそ泳いでいな ... 続きを読む
川崎水族館カワスイ20200717043
訪れてくださって、ありがとうございます。
本日のブログ記事は長くて、写真多めでお届けいたしますので、ご了承くださいませ!

昨日7月17日に、「カワスイ」がオープンしました。
川崎駅スグの「川崎ルフロン」内、9階と10階です。

ビル内都市型の水族館。
イルカこそ泳いでいないものの、内部にはプロジェクションマッピングなど最新技術を駆使し、さらに昼の部と夜の部を設けることで、ここでしか体験できない数々のアイディアがぎゅっと詰められています。

世界の水辺を五感で体感できる、新感覚ネイチャーエンターテインメント水族館。
ちょっぴりご紹介できたらと思います!

1階の直通エレベータから上がり、左に進むとあるのが、このチケットカウンターです。
WEBチケットやパスポートを持っていると、ここには並ぶことなく入り口へ進むことができます。
川崎水族館カワスイ20200717001

こちらが入り口です。お祝いの花がここに撮りきれないくらいたくさん☆
入り口でも、新型コロナウイルス感染予防対策がしっかりなされている印象でした。
川崎水族館カワスイ20200717002
体温、手の消毒、そしてチケットやパスポートをチェックして、いよいよ中へ(画像は、受付終了時の光景です)。

入ってまず目に飛び込んでくるのが、プロジェクションマッピングで表現された「プロローグ」の光景です。
映像に違和感がなく、色あざやかでいきいきとしていました。
川崎水族館カワスイ20200717003
よぉく見てくださいね、トラではありません☆
「エピローグ」につながる部分だと思われます。

映像は動いているので、生きものたちは隠れたり出たりしています。
ふわふわ舞うのは蛍でしょうか。

ビル内にある水族館なので、すべてけっして大きくはありません。
けれど、水槽は見やすく、様々な工夫がされていて、魅力がぎゅっと小さく詰まったような、素敵な印象です。

特筆すべきは、生きものたちとの距離がとても近いことです。
そして可愛い! 元気です!
川崎水族館カワスイ20200717004
大きな水槽ではない分、水圧もそれほどではなく、水槽の壁も比較的薄いので、撮影してもゆがみやダブりが少ないので、目にもとても優しい感じでした。

さて、入るとすぐに出会えるのが、身近な多摩川、けれどあまりよく知らなかった魚たちの世界です。
川崎水族館カワスイ20200717005
この映像美! ほぇ~っと眺めていられます。
このような場所は、昼と夜、そして時間で映像や照明が変化します。

目の前の複数の水槽には、身近なはずの多摩川の魚たちが元気に泳いでいました。川遊びした遠い記憶を蘇らせたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

ところで、各水槽には、こんな表示が設置されています。
川崎水族館カワスイ20200717006
スマーフォンでQRコードを読み取ると、生きものたちの解説を見ることができます。
名前以外に詳しい解説がないものもいくつかありましたが、情報量は圧巻、そして丁寧です。
しかも表示はスムーズで読みやすく、手元に出るので壁表示のように見えにくいこともありません。

ただ、暗いところでは読み取りに手間取ったりもしましたが、照明が切り替わる場所だったりするので、のんびりとした気持ちで構えてみてくださいね。

解説等なしで、ただただ生きものたちと対話する感じでゆっくり回ってみるのも、すごくおすすめです。

順路はありましたが、ここからは順不同でご紹介します(迷ったんだろ、という鋭いつっこみはご容赦を☆)。

川崎水族館カワスイ20200717007

昼と夜とでは、きっと違う印象なのでしょうね。
寝ているのかな、という生きものたちもいました。

色あざやかな魚たちもいれば、
川崎水族館カワスイ20200717009

川崎水族館カワスイ20200717010

古代から息づいている堅牢さや、興味深い生態を感じる色彩のものたちもいます。
川崎水族館カワスイ20200717011
むむ、左奥の逆さになっているなまずっぽいものは? 元気がないのかな?
いえいえ、ご安心ください。
川崎水族館カワスイ20200717012
こちらヘミシノドンティスは、サカサナマズで知られるように、引っくり返って泳ぎます。
これでokなのですが、びっくりしちゃいますよね。そしてひとつ、楽しい発見となったのでした☆

川崎水族館カワスイ20200717013

「カワスイ」では、アマゾンの熱帯雨林が体感できるとあって、ピラニアに興味津々のかたも多くいたようです。
こちらはブラックピラニア。通称レッドアイです。
川崎水族館カワスイ20200717027
確かに赤い目、大きさも小さくはなかったです。迫力があります。

こちらはピラニアナッテリー。怖い印象でしたが、実は臆病らしいです。
詳しくはQRコードの解説を参照なさってみてくださいね。
川崎水族館カワスイ20200717030

「レンソイス エリア」です。
照明が雰囲気良く、とても美しい展示になっています。
川崎水族館カワスイ20200717019
レンソイス・マラニャンセス国立公園の、真っ白な大砂丘。
そこでは、毎年雨季にだけ出現する大きな水たまりがあり、不思議な生態系ができるとのことです。

刻々とライトの色が変化し、魚たちも幻想的です。
川崎水族館カワスイ20200717021

どんな世界なのだろう、と想いを馳せちゃいますね。
地球の不思議、毎年干上がるのに雨季になると出現する、たくさんの小さな命たち。
川崎水族館カワスイ20200717020

水槽の周囲の砂は、本当に砂です。
川崎水族館カワスイ20200717022
(アソビゴコロは私も好きですが、いろいろ複雑なご時勢ですので、いまの状況やマナーを考えながら観賞できるといいなと思います。)

さて、こちらが超オススメの「パンタナル エリア」!
コの字形の水槽は、まるで大自然の川の中にいるみたいな、不思議な気分を存分に味わうことができます。
川崎水族館カワスイ20200717023

川崎水族館カワスイ20200717025
無数の小さな魚たち。

川崎水族館カワスイ20200717026

夜時間の2部だけかもしれませんけれど、こんな光景が!
川崎水族館カワスイ20200717024
目の前にちゃぷちゃぷ広がる川の水、そして水面ぎりぎりからの真っ赤な夕日。
現地でもこんな光景はなかなか見られません。
川に半分沈まなきゃ見られませんものね☆
だからここは、超オススメです!

グリーンイグアナも、運がよければすぐそばで見ることができます。
ガラス越しで、元気に動いていましたので。
川崎水族館カワスイ20200717028

むむ、こちらはかくれんぼ中のようですが、アルマジロでしょうか?
川崎水族館カワスイ20200717029
イグアナくんと同居のようです。端っこの植物のかげにいました。

「アマゾンゾーン」の手前で見ることができるのが、「アクア・ラボ エリア」です。
水族館には欠かせない、重要なバックヤード。
ここではガラス越しに、それらがいったいどんなものなのかを見ることができます。
川崎水族館カワスイ20200717034

ガラスの向こうなので、危なくないですよ。
川崎水族館カワスイ20200717035

感染予防対策で現在は入ることができませんが、木がたくさん植えられたところも。
ガラス越しに見ることができますので、雰囲気は味わえます。
川崎水族館カワスイ20200717031

ここの水槽も、すぐ近くで生きものたちに会うことができます。
川崎水族館カワスイ20200717032

熱帯雨林、アマゾン川といえばやはり、こちらですね♪
川崎水族館カワスイ20200717033

そして、出口手前のエピローグでは、先日のブログでご紹介したウォールアートが。
躍動感のあるジャガーの模様は、製作プロジェクトに参加した子どもたちやその保護者のかたが塗りました。
川崎水族館カワスイ20200717036
アーティストのMAJIO(マジオ)さんが仕上げたジャガーは迫力満点、美しいです。
「第一弾」となっているので、次があるのかもしれませんね。しばらくは長く長く、このジャガーを見続けていたいなぁと祈りつつ。

この左奥の出口を抜けると、そこにはお土産やグッズを購入できる売店があります。
とはいえ、商品の種類も数も多く、可愛いぬいぐるみや菓子、恐竜の化石や鉱石までもりだくさん。
川崎水族館カワスイ20200717037
(撮影には許可をいただいております。)

店内の装飾もこだわりが光っていて、水族館の余韻に浸りながら、想い出の品を選ぶのにぴったり。
私も家族や自分に、選びました。
川崎水族館カワスイ20200717041
袋は有料で、紙袋も選べます。数十円です。
カワスイオリジナルの品々が、すごく良い感じで、種類も豊富でした。
コラボグッズも多数です。

「川崎ルフロン」も各階いろいろ工夫があり、アソビゴコロのあるスポットが多くあります。
川崎水族館カワスイ20200717040

また、子ども連れでものんびりできそうです。
川崎水族館カワスイ20200717039

ただ、感染症対策で利用できないところや、開催、オープンを見合わせているイベントやサービスもありますので、お出掛けの前に公式ページ等でチェックしてくださいね。
川崎水族館カワスイ20200717014

ピラニアのぬいぐるみ、欲しい!と思ったかた、ご安心を。出口の売店にありました☆
川崎水族館カワスイ20200717015

なかなか出かけるのも厳しい状況ですが、対策を懸命に考えながら実践しているところもあります。
入場制限で待ち時間があったり大変な思いもありますが、スタッフの方々も丁寧に対応をしている場餡を多く見ました。

川崎水族館「カワスイ」の最寄り駅は、JR川崎駅。そして京急川崎駅です。
川崎駅スグの「ラゾーナ川崎プラザ」「東芝未来科学館」などとあわせて一日のんびり楽しめるエリアになれたら最高ですね。

どうか少しでも早く、安心な日常が取り戻せますように。

▽そういえば、こんな可愛いドーナツ売ってましたよ☆
川崎水族館カワスイ20200717042
冷凍なので棚にありませんでしたので、売り切れかと思ったら、実は小さなカードが展示のそばにあり、レジで引き換えてくれるとのことです。
「ない」と思ったら、スタッフのかたに尋ねてみてくださいね。

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。昨日の日曜、「【川崎水族館】新型コロナの影響を受けた子どもたちと!ウォールアートを作りたい!」プロジェクトに参加してきました。川崎駅のすぐそばのルフロンのビル内9階と10階に、いよいよ7月17日に水族館がオープンします。 ... 続きを読む
2020.7.12カワスイ川崎水族館ウォールアート制作参加01
訪れてくださって、ありがとうございます。

昨日の日曜、「【川崎水族館】新型コロナの影響を受けた子どもたちと!ウォールアートを作りたい!」プロジェクトに参加してきました。

川崎駅のすぐそばのルフロンのビル内9階と10階に、いよいよ7月17日に水族館がオープンします。

ウォールアート製作に微力ながらお手伝いをさせていただき、そしてオープン前の水族館内部を、ひと足早く見せていただきました。

多摩川からアマゾンまで、水辺の生き物たちと出会える水族館。
水槽だけでなくプロジェクションマッピング等の技術もあり、木もあり砂あり、大変魅力的な展示ばかりでした。

オープンやプレス発表の前なので撮影や公開はできませんが、内部、すごくいい感じでした!
まだまだ準備中の箇所が多くあり、すべては見えませんでしたが、それでも期待が膨らみました。
超楽しみです!!

▽ウォールアートのパーツを塗り塗り、描き描き。
2020.7.12カワスイ川崎水族館ウォールアート制作参加02
アソビゴコロ満載な塗りですみません。完成後の展示でもし見つけたら、「お!」と思ってニヤリ笑ってくださいませ☆
息子も参加して、真面目に一生懸命塗っていました。
はてさて、どこに使われるのかわくわくです。

ウォールアート製作は、このたびの新型コロナで制限された生活を送る子どもたちに向けた、環境問題学習や美術製作に携わる機会として、企画されたものです。

アート製作の中心となるのは、アーティストのMAJIO(マジオ)さん。

子どもたちや親たちの彩りと想いをのせた躍動感のあるジャガーに、人や自然のつながりを考える水族館の最終エリアで出会えると思います。
オープンが非常に楽しみです。

スタッフの皆様、ありがとうございました。
ここまで読んでくださいましたかたへ、心から御礼申し上げます。


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。

 

訪れてくださって、ありがとうございます。毎年、小石川後楽園に桜を撮りに出かけるのが楽しみの一つでしたが、今年はできません。なので、今日は出勤時に、マンションの敷地内で2分間だけ立ち止まって、桜の花を眺めました。使用カメラは、フルサイズミラーレスの「CANON EO ... 続きを読む
IMG_2058a
訪れてくださって、ありがとうございます。

毎年、小石川後楽園に桜を撮りに出かけるのが楽しみの一つでしたが、今年はできません。
なので、今日は出勤時に、マンションの敷地内で2分間だけ立ち止まって、桜の花を眺めました。

IMG_2059a
使用カメラは、フルサイズミラーレスの「CANON EOS RP」。使用レンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」です。

桜の花の美しさは、いつもどこでも、変わりませんね。
家族と、みなさまの健康と無事を祈りつつ。

ブログや活動を見守ってくださるかた、いつもありがとうございます。
お体に気をつけてお過ごしくださいませ。

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。



訪れてくださって、ありがとうございます。この前の日曜、街でおいしいものを発見したので、ご報告です!他の買い物があって訪れた「ラゾーナ川崎プラザ」の1階グラン・フード。そこで通りすがりに「堂島ロール」を見て、子どもたちが喜ぶかなとお土産に購入して帰ることにし ... 続きを読む
IMG_1202a
訪れてくださって、ありがとうございます。

この前の日曜、街でおいしいものを発見したので、ご報告です!

他の買い物があって訪れた「ラゾーナ川崎プラザ」の1階グラン・フード。
そこで通りすがりに「堂島ロール」を見て、子どもたちが喜ぶかなとお土産に購入して帰ることにしました。
子どもたちにとって、良い思い出のあるケーキなので。

店舗データ:
「パティスリーモンシェール」ラゾーナ川崎プラザ店
ラゾーナ川崎 グラン・フード1F
TEL 044-874-8572
営業時間 10:00-21:00

そこで店員さんから、「いつも休日は午前中で売り切れてしまうのですけれど、いかがでしょうか」とおすすめされたものが。
(そのとき正午過ぎでした)

たいして見ずに「あ、ではそれも3つお願いします」と購入してきたのが、トップ写真の「シャンティー・ブーシェ」でした。
(能天気ですみません)
IMG_1198a
「シャンティー・ブーシェ」1個351円(税込)。

「雲を食べているみたいにふわふわです」とのオススメどおり、ふわっふわの食感♪
持ち帰りでしたが、ふわふわ感はしっかりしていました。

▽ふたつに割ってみたところです。真ん中がカスタードのクリームになっています。
IMG_1208a
全体にほど良い甘さで、食感も軽く、1個ぺろりと平らげてしまうほど。
コテコテに甘いクリームが苦手なおにいちゃんが、「うまい! これならいける!」とあっという間に食べ切っていました。
「堂島ロール」もそうなのですが、モンシェールオリジナルクリームは食べやすく、こちらのクリームも軽い味わいでした。

弟くんも「おいしい」と、同じくあっという間に完食。

この「シャンティー・ブーシェ」、どうやらラゾーナ川崎店限定のようです。
他で見たことがなく、公式のページにもなかったので。

▽そしてこちらが、「堂島ロール」。お兄ちゃんの好きなケーキです。
IMG_1199a
「堂島ロール」1本1,377円(税込)。
4~5人でたっぷりと食べることのできる1本です。見た目より軽い味なので、4等分にしてちょうど良いかもしれません。

弟くんは(お兄ちゃんもですが)、「半生ガトーショコラ」が一番好きなのだそうです。
嬉しいことを言ってくれます!

ちなみに、パティスリーモンシェールさんはバニラプリンもなかなかにおいしいですよ☆
当たり前のおいしさといいますか、ほんわり甘くて卵の味がきちんとして、とても丁寧なプリンです。

☆☆☆

遅い時間の更新で本当にすみません。

それから、このたびバレンタインデーに前後して、とてもたくさんの「つくれぽ」「つくったよレポート」をいただきました。
楽天レシピさんのほうではひとつずつお返事を書かせていただきましたが、クックパッドさんのほうは自動でアップされるシステムなので、この場にて御礼を言わせてくださいませ。

いつもありがとうございます!!

ひとつずつ丁寧に拝見、拝読させていただいております。
がんばる元気のみなもとです。簡単シンプルなレシピがお役に立てていること、とても光栄に思います。
それから、応援、助言くださったかた、ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

そしてこれからも変わらず、どうぞよろしくお願いいたします♪


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


このブログを訪れてくださって、ありがとうございます。先週の日曜、朝早くに自宅を出て、子どもたちと鎌倉まで出掛けてきました。使用カメラは今回、主にPENTAX K-3。レンズはsmc PENTAX-DA 21mm Limited、HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WRです。植物の緑を撮影には、やっ ... 続きを読む
IMGP8680aaa
このブログを訪れてくださって、ありがとうございます。

先週の日曜、朝早くに自宅を出て、子どもたちと鎌倉まで出掛けてきました。

使用カメラは今回、主にPENTAX K-3。
レンズはsmc PENTAX-DA 21mm Limited、HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WRです。
植物の緑を撮影には、やっぱりペンタのカメラとレンズがお気に入りです。

鎌倉には毎年、あじさいを観に訪れています。
昨年は明月院、さらにその前年は長谷寺でした。

▽2018年
『2018年鎌倉明月院、あじさい寺に行ってきました(その1)☆EX-ZR4100撮影』
『2018年鎌倉明月院、あじさい寺に行ってきました(その2)☆K-3、FA50mmF1.4撮影』

▽2017年
『【鎌倉・江ノ電】干物定食「塩さば」ひるごはんとあじさい路(稲村ケ崎のカフェ~長谷寺)』
『【鎌倉・江ノ電2】長谷寺のあじさい、稲村ケ崎公園の海岸とおいしいもの♪』
『【鎌倉・江ノ電3】長谷寺のあじさい、稲村ケ崎公園の海岸とおいしいもの♪(その2)』

IMGP8596aaa
着いたのが早かったので、待機時間なくそのまま眺望散策路(この時期は「あじさいの径(こみち)」と呼ばれます)へ入ることができました。
まさに、早起きは三文の徳、です☆

IMGP8638aaa
ここに咲く紫陽花は、40種類を超えているのだそうです。
眺望も、すてきです。
IMGP8814aaa
向こうに見えるのは、鎌倉の海岸でした。
由比ヶ浜です。
IMGP8828aaa
雨のあとだったので、花も葉も、とても活き活きとしていました。
ぱらぱらと降ることもありましたが、傘を差すほどでもなく、とてもありがたかったです。
IMGP8697aaa
散策路を出たところで、ちょっと休憩。
おいしいお団子が売られていて、自動販売機もあり、テーブルと椅子もあって助かりました。
ただしトンビ(トビ)には、ご注意です。
IMGP8888aaa
ほっとひと息。甘すぎず、やらかくて優しい味に、癒されました。
そばに「海光庵」という食事ができる和風なカフェのような建物があるのですが、こちらは10時からの開店でした。

最寄り駅は、江ノ島電鉄「長谷駅」。
IMGP8914aaa
この駅を利用するとき、チェックしてしまうのがコチラ。
IMGP8902aaa
知るひとぞ知る「長谷液」。
「液」と「駅」、ウテシは運転士。窓をキレイにする洗剤が入っているようです。
この下に書かれている文章がちょこちょこ変わるので、とっても興味深いのです。
アソビゴコロ大好きです。

あじさいを堪能したところで、移動しました。

子どもたちと次に訪れたのは、稲村ヶ崎の海岸です。
「鎌倉→あじさい→海」というのは、毎年変わりませんね。

この時期、鎌倉を訪れるときに大切なのは、「あわてず、心に余裕をもって」という心構えだなぁといつも思います。

「あじさいの径」が混んでしまうのは、たくさんのひとが訪れるためです。
急な斜面に、散策しやすいよう、危険のないよう、道を整えてあるのはすごいことです。

きれいに咲いた紫陽花たちをゆっくり眺めながら、優しい気持ちで、安全第一で歩いてくださいね。

さいごに。
いつもブログを訪れてくださるかたへ。心より感謝申し上げます。
最近忙しすぎて、ブログが停滞して申し訳ございませんでした。

そして今回、鎌倉を訪れたときに出逢ったすべてのかたへ。
ありがとうございます。

日々に、たくさんの「ありがとう」を込めながら。
これからも変わらず、よろしくお願い申し上げます。


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。

 

訪れてくださって、ありがとうございます。鎌倉 明月院、あじさいの写真です。PENTAX K-3で撮影しました。使用レンズは、主にFA50mmF1.4です。HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WRも持っていったので、混じっているかもですが(念のため)。明るいレンズなので、曇り空や雨の中で ... 続きを読む
北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m13
訪れてくださって、ありがとうございます。

鎌倉 明月院、あじさいの写真です。
PENTAX K-3で撮影しました。

使用レンズは、主にFA50mmF1.4です。
HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WRも持っていったので、混じっているかもですが(念のため)。

明るいレンズなので、曇り空や雨の中でも、見たままの光景が撮りやすいです。
あじさいは雨の季節の花ですので、雨の雫が似合いますね。
北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m10
PENTAXのレンズは、自然のものを写すのが得意なレンズだと思います。
はじめはレンズに惚れて、カメラ本体を選んだので☆

コンデジは、Nikon、CASIOを使っています。
ニコンさんが出すかもというフルサイズのミラーレス、ものすんごく楽しみにしています!

閑話休題。

あじさいも花も、いろいろな種類があるのですね。
北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m11
白くて美しいです♪

北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m12
真ん中のポコポコしたのが、とても可愛いです♪

北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m17
真っ直ぐに空に向かっている雰囲気が好きです。

北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m14
こちらの井戸は、瓶の井(つるべのい)。鎌倉十井のひとつです。
甕の井(かめのい)と呼ばれることも。

北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m15
もみじの葉の多さに、秋の季節も素敵な予感です。
訪れてみたいです。

北鎌倉明月院あじさい寺PENTAXK3smcFA50m16
本日は雨がたくさん降っていますが、まだまだあじさいの花を楽しめるといいなと思います。

そういえば、昨年のあじさいの写真の日付が、6月17日でした。
まさに1週間前の訪問、となったようです。

昨年は長谷寺、今年は明月院。
来年はどこにしようか、迷いますね。

無事今年も鎌倉を訪れることができて、ホッとしました。
おかげさまです。ありがとうございます♪

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。子どもたちと一緒に、昨日の日曜、鎌倉へあじさいを見に行ってきました。弟のほうは、海に貝殻を拾いに、という目的もあるようですが。台風接近とのニュースで、行けるかどうか心配でした。とはいえ、あじさいの見ごろが昨年より1週 ... 続きを読む
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m4
訪れてくださって、ありがとうございます。

子どもたちと一緒に、昨日の日曜、鎌倉へあじさいを見に行ってきました。

弟のほうは、海に貝殻を拾いに、という目的もあるようですが。
台風接近とのニュースで、行けるかどうか心配でした。

とはいえ、あじさいの見ごろが昨年より1週間早まるという話や、出掛けるタイミングが選べなかったこともあり、傘やレインポンチョ等、しっかり準備をした上で行くことにしたのでした。

本日は、撮影した写真を中心に綴っていきます。

国指定史跡『明月院』。
紫陽花(あじさい)寺として有名で、北鎌倉駅から歩いて10分ほどということもあり、訪れやすい場所です。
いろいろな花が季節を通して咲いているので、「花の寺」とも呼ばれています。

▽JR北鎌倉駅。横須賀線、鎌倉駅のひとつ手前の駅です。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m1

このブログ記事の写真はすべて、「CASIO EX-ZR4100」で撮影しています。
レンズ交換のない、デジタルカメラです。

いつものデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3」で撮ったあじさいの写真、のちほどご紹介できればと思っております。

このコンデジの有効画素数は、1210万画素。
1/1.7型CMOS (裏面照射型)の撮像素子を採用しており、超広角19mmがとても便利です。
自分撮りに向いた180度動く液晶画面、美肌撮影等の工夫がたくさん詰まっているので、SNS向きの便利カメラを探しているかたにはおすすめです。

CASIO(カシオ計算機株式会社)がデジタルカメラ事業からの撤退を発表したこともあり、私にとってのEXILIM(エリクシム)最後の想い出カメラとなりそうです。

さて。
台風接近ということもあり、雨のパラつく日曜の午前中、ひとの多さはこんな感じでした。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m2
大混雑ではなく、落ち着いて見ることができたので、良かったかなと思います。
雨も、降ったり止んだりという感じでした。

北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m5

雨粒がないので、雨が降る前ですね。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m7

沙羅双樹です。
カメラやスマホを携えたひとたちが多く並ぶ列の途中で、見ることができます。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m6

そんな列に並んだ人たちの目的が、こちらの撮影スポット。
「悟りの窓」と呼ばれる丸窓です。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m3
凛とした雰囲気で、美しい場所です。
子どもたちも感激しながら撮影していました。

北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m18

このあとは、昼ごはんを鎌倉駅前で食べ、雨足の強くなってきた中を歩いて海岸に向かいました。
歩いても、それほど遠くなかったので助かりました。

「由比ガ浜海水浴場」です。
滑川交差点付近から降りたところで、海水につかったり、貝殻を探して過ごしました。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m9
懲りずにまた、波打ち際に靴を・・・。
このあとしっかり塩水に濡れました☆

海の家かな?
夏に向けての準備が進んでいるようです。
北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m8

小さな貝殻の破片が多かったので、靴下のままザブザブと海のなかを歩きました。
もちろん、昨年濡れてしまった経験から、着替えの用意もバッチリ☆

北鎌倉明月院あじさい寺EX-ZR4100m19

とはいえ、波が高くなり、風と雨も強くなってきたので、長時間は遊べませんでした。
今度はゆっくり訪れたいです。

それでは、いったんここまでで。
読んでくださって、ありがとうございました♪

(あじさい写真は、その2に続きます)

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


おはようございます。訪れてくださって、ありがとうございます。6月17日に訪れた長谷寺、あじさい路(眺望散策路/あじさいの径)の写真の続きです。▽日記「その1」につきましては、こちらに記載しました。『【鎌倉・江ノ電2】長谷寺のあじさい、稲村ケ崎公園の海岸とおいしい ... 続きを読む
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の15
おはようございます。
訪れてくださって、ありがとうございます。

6月17日に訪れた長谷寺、あじさい路(眺望散策路/あじさいの径)の写真の続きです。

▽日記「その1」につきましては、こちらに記載しました。
『【鎌倉・江ノ電2】長谷寺のあじさい、稲村ケ崎公園の海岸とおいしいもの♪』

160分待ちだった整理券、実際に入れたときは18時を過ぎていました。
けっこう待っていたんだなぁ・・・と思いながら階段を登っていくと、
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の14
見事な、あじさいの遊歩道となっていました。
前回訪れたときとまったく違います。あのときは早すぎたのですね☆

たくさんのひとが観賞しながら歩いていました。
写真を撮るときには端に寄り、背後に他のかたを通してあげるように配慮したり、譲り合っていたように思います。

狭いところは、あまり立ち止まらないで安全に、と寺の係員のかたが声を出していらっしゃいました。
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の12

周囲は暗くなる直前。
ぎりぎりの時間でしたけれど、美しく咲いたあじさいを堪能することができました。
ありがとうございます!
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の13
健やかに育っている、緑眩しい葉や茎。
濃い色から淡い色まで、さまざまな表情をみせてくれる装飾花たち。
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の10

時刻は、すでに19時近く。
陽が長い時期で本当に良かった、と思いました。
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の19

出口にたどり着く頃まで、空も足元も明るくて助かりました。
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の17
そういえば、眺望散策路まで登らないかたは「経蔵(輪蔵)」の周囲から上を見ると、斜面に咲き並ぶ見事なあじさいを眺めることができます。

鎌倉の街や海岸と一緒にあじさいを見渡したいかたは、やはり上まで登られることをおすすめします。

とはいえ、この写真たちは一週間ちょっと前のものなので、今はどのくらい咲いているのか判りませんので、最新情報としてはご容赦ください。
鎌倉のあじさい散策と江ノ電その2の18
この日帰りの旅でお逢いしたみなさま、ありがとうございました。

▽【おまけ】今月の「長谷液」。

なにやら意味深なつぶやきが。
長谷液を見つけることが、長谷駅を訪れたときの楽しみになりそうです☆

※掲載写真は、先週の2017年6月17日に撮影したものです。

☆☆☆

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村

▽LINEで更新をお知らせいたします。

サンドしないサンドイッチ『サンドシナイッチ』
サンドシナイッチ (タツミムック)
めろんぱんママ
辰巳出版
2016-11-16



発売されました!