星空ひとやすみ

首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、おっちょこちょいで迷子スキルの高いママです。我が家の適当男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子を楽しく紹介したいと思っています。工事中です!

カテゴリ:手作りお菓子 > 手作りお菓子(ガレットデロワ)

おはようございます。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ ちょっぴり早いのですが、我が家ではもう「ガレット・デ・ロワ」を作りました。 ほぼ毎年焼いているレシピですが、今回は中のクリーム(フランジパーヌ)にカスタードクリームを加え、ほんわり優しい味に ... 続きを読む
ee4cd95d.jpg

おはようございます。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪


ちょっぴり早いのですが、我が家ではもう「ガレット・デ・ロワ」を作りました。
ほぼ毎年焼いているレシピですが、今回は中のクリーム(フランジパーヌ)にカスタードクリームを加え、ほんわり優しい味に仕上げてみました。

本場フランスでは、ノエルや新年のお祝いが終わった頃には、このお菓子を街のあちこちで見かけるようになります。
これを食べないと新年という気がしないとのことなので、日本でいう「おせち」のようなものなのかもしれません。

1月6日のエピファニー(公現祭)にちなんだこのガレット・デ・ロワは、地方によっても様々な味があり、模様も作る人によっていろいろあります。

1月いっぱいは売られているのでいろんな味を堪能したいところですが、さすがにフランスは「ちょっとそこまで」の近所ではないので、おうちで簡単手軽に作っちゃいましょう♪

そんなわけで、本日は「ガレット・デ・ロワ」のレシピを綴ります!


▽今回も使ったのは、こちらの冷凍パイシート。
ガレットデロワ201501
スーパーで手に入る長方形のものでも使えますが、やはり正方形がきれいに仕上がります。
もちろん、パイ生地(フイタージュ)から手作りしてもokです。


<<材料>> 15cmマンケ(トルテ)型1台分(6人分・約30分)

冷凍パイシート・・・2枚
無塩バター・・・30g
グラニュー糖・・・30g
卵・・・1個
アーモンドパウダー・・・30g
カスタードクリーム・・・50g

フェーヴ(我が家はドライクランベリーを使いました)・・・1個
バター(型に塗る用)

※フェーヴとは「空豆」の意で、ガレット・デ・ロワの中に隠す陶器製のオブジェのことです。切り分けられた中にフェーヴが入っていれば「当たり」で、王様や女王様になれるという楽しみがあります。
我が家では間違って食べちゃうといけないので、ドライフルーツで代用しました。


<<作り方>>

① まず中のクリーム(フランジパーヌ)を作ります。無塩バターを室温に戻して(溶けない程度にレンジ加熱でもok)やわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。グラニュー糖を加えてよく混ぜます。

② 卵(黄身の部分をひとさじすくって取り分けておく・あとで塗る用に使います)を加えて混ぜ、アーモンドプードルを加えてさらによく混ぜます。カスタードクリームを混ぜ、フランジパーヌを仕上げます。

③ 型にバターを塗ります(指にラップを巻いてバターをつけて塗ると、きれいに塗ることができます)。

④ バターを塗った型にパイシートの1枚を広げ、フォークの先などで穴を開けていきます。②のクリームを入れ、一箇所にフェーブ(我が家はレーズン)を埋めます。

⑤ もう1枚のパイシートを被せ、なるべく空気が中に残らないようにぴったりと蓋をして、黄身(②で取り分けた塗り用)で接着するように重ねあわせます。

⑥ 型の縁に沿って、余分なパイシートを切り落とします(余分のところは砂糖をふり、オーブンで一緒に焼いて食べられます)。フォークの先で周囲を押さえるようにして模様をつけながら、しっかりとくっつけます。

⑦ 貫通しないように気をつけながら、ナイフで表面に好みの模様を書いていきます。ところどころに空気の通る穴を開けます(竹串等で)。

⑧ 表面に黄身(②で取り分けた塗り用)を塗り、200度に予熱したオーブンに入れ、25分ほど焼きます。しっかり焼き色がついて膨らんだら、出来上がりです♪
ガレットデロワ201503


▽今年の模様です。
ガレットデロワ201502
リーフ模様やぐるぐる模様より簡単なので、オススメです。


▽ガレッド・デ・ロワの詳しい手順は、写真つきでこちらに載せてあります。
『ガレットデロワ2014☆新年を祝うお菓子(簡単シンプル・詳しい手順つき)』
(新しいウィンドウで開きます)


▽カスタードクリームは市販のものを使いましたが、レンジで簡単に作る方法もあります。
抹茶たい焼き☆あずき&カスタードクリーム(レンジで作るカスタード簡単レシピ付)
(新しいウィンドウで開きます)


▽フェーヴは、毎年新作が出るほど、たくさんの種類があります。
ガレットデロワ201506
世界にはコレクターもいるくらい、魅力的なアイテムです♪


ご家族と、友人たちと、一年で最初の運試しで盛り上がるのはいかがでしょうか。
新年の持ち寄りパーティにも、宜しければぜひ。


いつも応援くださっているみなさま、心より御礼申し上げます。
今年一年も、大変お世話になりました。

また来年も、よろしくお願いいたします。






おはようございます♪ ちょっと早いのですけれど、今期のガレット・デ・ロワということで、作りました! 本当は新年の1月6日に、みんなで分け合って食べるフランスの食べ物です。 我が家は何でも早いですね(笑) ▽市販のパイシートを使えば、本当にすっごく簡単です。 ... 続きを読む
84133e9c.jpg

おはようございます♪
ちょっと早いのですけれど、今期のガレット・デ・ロワということで、作りました!

本当は新年の1月6日に、みんなで分け合って食べるフランスの食べ物です。
我が家は何でも早いですね(笑)

▽市販のパイシートを使えば、本当にすっごく簡単です。
2014ガレットデロワ01

混ぜていくだけのアーモンドクリーム、簡単シンプルがおいしい!


ぜひご一緒に食べる方たちと運比べをしてみてくださいませ。
見事フェーブ(フェーヴ)を当てたかたは王冠をかぶって、幸運をお祝いください♪


<<材料>> 15cmマンケ(トルテ)型1台分(6~8人分・約30分)

冷凍パイシート・・・2枚
無塩バター・・・45g
グラニュー糖・・・40g
卵・・・1個
アーモンドプードル・・・45g
フェーヴ(我が家はレーズン・子どもが食べるので)・・・1個
卵黄(塗り用)・・・1個分
バター(型に塗る用)

※冷凍のパイシートは、あらかじめ解凍しておいてください。


<<作り方>>

① まず中身のクリームを作ります。無塩バターを室温に戻して(溶けない程度にレンジ加熱でもok)やわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。グラニュー糖を加えてよく混ぜます。
2014ガレットデロワ02

② 卵を入れて混ぜ、次にアーモンドプードルを加えてさらによく混ぜます。これで中に入れるクリームができました。
2014ガレットデロワ03

③ 型にバターを塗ります(指にラップを巻いてバターをつけて塗ると、きれいに塗ることができます)。
2014ガレットデロワ13

④ ここから手順を詳しく説明していきます。バターを塗った型にパイシートの1枚を広げ、フォークの先などで穴を開けていきます。
2014ガレットデロワ04

⑤ ②で作ったクリームを型に入れ、平らにならします。
2014ガレットデロワ05

⑥ 一箇所に、フェーブ(我が家はレーズン)を埋め込みます。
2014ガレットデロワ06

⑦ もう1枚のパイシートを被せ、なるべく空気が中に残らないようにぴったりと蓋をして、黄身(塗り用)で接着するように重ねあわせていきます。
2014ガレットデロワ07

⑧ 型に沿って、余分なパイシートを切り落とします(余分のところは、あとで一緒に焼いて食べられます)。
2014ガレットデロワ08

⑨ フォークの先で周囲を押さえるようにして模様をつけつつ、しっかりとくっつけます。
2014ガレットデロワ09

⑩ 貫通しないように気をつけながら、ナイフで表面に好みの模様を書いていきます。
2014ガレットデロワ10

⑪ 真ん中には空気の通る穴を開けます(竹串を使いました)。
2014ガレットデロワ11

⑫ 表面に卵黄を塗ります。
2014ガレットデロワ12

⑬ 200度に予熱したオーブンに入れ、25分ほど焼きます。
2014ガレットデロワ14

⑭ 2014年は『午(うま)』です。そんな年にぴったりの、愛らしい馬のフェーブを見つけました☆
ガレットデロワのフェーブ馬
王冠やフェーブがあれば、ガレットデロワ本来の楽しみ方ができます。楽しいですね♪

フェーブは、世界中にコレクターがいます。
毎年新作がでているので、集めてみるのも可愛いかも。

製菓材料のお店でも、この時期には紙でできた王冠やフェーブを売っています。
本場フランスでは、クリスマスから新年にかけてのイベントが終われば、1月はいよいよガレット・デ・ロワの季節です。

最近はここ日本でも、けっこう知られるようになってきたと思います。
作ってみたらぜひ、ご家族や友人、お仲間さんたちと分け合って楽しんでくださいね♪


☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


スパイスブログ認定スパイス大使2013
スパイスブログ認定スパイス大使2013

ちょっと早いけれど、作ってみました。 レシピは、毎年のものとあまり変わっていません。 フランスのお菓子、ガレット・デ・ロワ。 近年、日本でもかなり知名度が上がってきたお菓子です。 バターとアーモンドの生地の中にフェーヴを入れて隠し、みんなで切り分けて食べま ... 続きを読む
ガレットデロワ201200
ちょっと早いけれど、作ってみました。
レシピは、毎年のものとあまり変わっていません。

フランスのお菓子、ガレット・デ・ロワ。
近年、日本でもかなり知名度が上がってきたお菓子です。

バターとアーモンドの生地の中にフェーヴを入れて隠し、みんなで切り分けて食べます。
フェーヴが当たった人は王冠をかぶることができ、その一年間幸運に恵まれる、というのがよく聞く楽しみ方です♪

フェーヴというのは、フランス語・空豆の意味――。
陶器でできたちいさな人形や小物を使います。

可愛らしいものやきれいなもの、毎年いろいろ売り出されていて、世界中にコレクターがいたりします。

けれど我が家は子どもも食べるので、フェーヴのかわりにローストしたアーモンドやチョコレート、今回のようにレーズンを使っています。

パイ生地は冷凍のものを使って、簡単に。


<<材料>> 15cm円型1台分(6~8人分・約40分)

冷凍パイシート・・・3枚(小さめシートだったので・通常2枚)
無塩バター・・・45g
グラニュー糖・・・35g
トレハロース(甘味料・砂糖で代用ok)・・・15g
卵・・・1個
アーモンドプードル・・・45g
フェーヴ(今回はレーズン)・・・1個
卵黄(塗り用)・・・1個分


<<作り方>>

① 冷凍パイシートを室温で解凍しておきます。
ガレットデロワ201203

② 無塩バターを室温に戻してやわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。
ガレットデロワ201201

③ ②にグラニュー糖・トレハロースを加えてよく混ぜ、次に卵を入れて混ぜ、アーモンドプードルを入れてさらによく混ぜます。
ガレットデロワ201202

④ 型に①のパイシートを敷いて③でできた生地を流しいれ、フェーヴ(レーズン)を埋め、残ったパイシートでしっかり蓋をします。
ガレットデロワ201204

⑤ オーブンは200度に予熱します。

⑥ ④のパイシートの表面に、ナイフで切れ目を入れて飾ります。そのとき下まで貫通しないように、表面だけを切ります。中央には串を刺して穴を開けます。
ガレットデロワ201205

⑦ 卵黄を表面全体に塗ります。
ガレットデロワ201206

⑧ 200度のオーブンで25~30分焼きます。

⑨ 焼けたら取り出して冷まして、出来上がりです。
ガレットデロワ201208

▽余ったシートは、フレーバーシュガーをふって一緒に焼くと、嬉しいおまけに♪(本体と同じ時間ずっと焼いてしまうと、焼きすぎてしまうので途中で取り出してくださいね)
ガレットデロワ201207

ガレットデロワ201210

▽使ったのはコレ☆
可愛いちょいたしスパイスシュガーたち
いろいろあるから、お好みのものが見つかりそう♪
中身は美味しいですし、瓶も可愛いので好きです。


--------------------

☆本日の、おまけの写真です☆

2013年の最初の日、みんなでお出かけしてきました。

▽訪れたのは、『おもちゃ王国』。
今日のお出かけ05

▽そこで「2013個のバルーン飛ばそう!」というイベントがありました。
今日のお出かけ01

スタッフのかたたちから配られたバルーンに願い事を書いて、集まったみんなで一斉に空に放つ、というイベントでした。
使ったものは、環境に配慮された素材でできているとのこと。

▽子どもたちにとって、素敵な思い出になったようです。
今日のお出かけ04

▽観覧車から撮った写真です。ちょっとミニチュアぽく。
今日のお出かけ02

今日のお出かけ03

長々と綴ってしまいました。
お付き合いくださって、感謝♪ ありがとうございます^^


※使用カメラとレンズにつきまして。

普段はPENTAX(ペンタックス)のK-7(ケイセブン)の一眼レフに、smc PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limitedというレンズを、標準レンズとしてつけっぱなしにしていることが多いです。

ズームやパンケーキレンズも持っていますが、ケイセブンにはこれが相棒としてカッコいい&万能かなと。
料理も撮れて、子どもたちに寄っても歪むことなく、見た光景に近い感覚で撮れます。
内蔵型のスライド式フードが便利すぎるという理由も♪

他社の一眼レフを持っていないので比較できませんが、レンズについてはペンタックスのリミテッドシリーズに惚れています!
シグマも結構好きです。
本体については、やっぱりキャノンとか使ってみたい気もしますが、カメラ自体が高価なものなので、これからもやっぱり相棒は変わらなそうです。

そんなわけで今年度も、相棒ともども、どうぞ宜しくお願いします☆


☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


我が家は、ちょっぴり早いですが今日ガレット・デ・ロワを用意してお祝いしました。 フェーブのかわりに入れたチョコ、ママが当てちゃいました☆ 子どもたちふたりが王冠がほしいということで、幸運を半分こしてママからふたりに、王冠をもう一個用意してふたりにかぶせま ... 続きを読む
ガレットデロワ2012

我が家は、ちょっぴり早いですが今日ガレット・デ・ロワを用意してお祝いしました。

フェーブのかわりに入れたチョコ、ママが当てちゃいました☆
子どもたちふたりが王冠がほしいということで、幸運を半分こしてママからふたりに、王冠をもう一個用意してふたりにかぶせました。

ちいさめに焼いたガレット・デ・ロワ、4人家族で4等分して食べきるならこの大きさでぴったりでした。
大きすぎると分けて食べきれないですので(笑)

2011年のレシピと同じです。写真付きで、詳しくはこちらにも♪
ガレットデロワ(2011年) 

このガレット・デ・ロワは、毎年我が家の定番なのです♪

冷凍パイシートを使うと、びっくりするほど簡単なので、良かったら作ってみてくださいね。
王冠は、最近近くのスーパーでも売られているのをみましたし、もちろん折り紙の金色等を使って手作りで作っても素適です♪


<<材料>> 15cmマンケ型1台分

冷凍パイシート・・・2枚
無塩バター・・・45g
砂糖・・・35g
トレハロース・・・15g
卵・・・1個
アーモンドプードル・・・45g
フェーヴ(今回はチョコレート)・・・1個
卵(仕上げ用)・・・適量

<<作り方>>

① 冷凍パイシートを解凍します。

② 無塩バターを室温に戻してやわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。

③ ②に砂糖・トレハロースを加えてよく混ぜ、卵を入れて混ぜ、次にアーモンドプードルを入れてさらによく混ぜます。

④ 型に①のパイシートを一枚敷いて③でできた生地を流しいれ、フェーヴ(チョコレート)を埋めて、もう一枚のパイシートでしっかり蓋をします。
ガレットデロワ201201

⑤ オーブンは200度に予熱します。

⑥ ④のパイシートの表面に、ナイフで切れ目を入れて飾ります。そのとき下まで貫通しないように、表面だけを切ります。中央には串を刺して穴を開けます。仕上げ用の卵をとき、表面全体に塗ります。

⑦ 200度のオーブンで25~30分焼きます。

⑧ 焼けたら取り出して冷まして、出来上がりです。




▽ブログのランキングに参加しています。応援クリックいただけるとますます頑張れます♪

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村

フランスのお菓子、ガレット・デ・ロワ。 我が家でも毎年作っています。 フランスではこれを食べないと一年が始まらないとか。おせちみたいなものなのかな~? 最近では日本でも知っているひとが増えたように思います。 アーモンドの生地の中にフェーヴを入れて隠し、切 ... 続きを読む
ガレットデロワ2011

フランスのお菓子、ガレット・デ・ロワ。

我が家でも毎年作っています。
フランスではこれを食べないと一年が始まらないとか。おせちみたいなものなのかな~?
最近では日本でも知っているひとが増えたように思います。

アーモンドの生地の中にフェーヴを入れて隠し、切り分けて食べて、当たった人が王冠をかぶり、一年間幸運に恵まれる、というものです。

フェーヴ(フランス語・空豆の意)は陶器でできたちいさな人形や小物を使いますが、我が家は子どもも食べるので、ローストしたアーモンドや、今回のようにレーズンを使います。

パイ生地は冷凍のものを使えば、簡単に作れます☆

3歳の弟がものすごい気に入って、1/4をぺろりとたいらげてしまいました。

シンプルな味で、甘みも丁度よく、香ばしく仕上がりました。


<<材料>> 15cm型1台分

冷凍パイシート・・・2枚
無塩バター・・・45g
砂糖・・・35g
トレハロース・・・15g
卵・・・1個
アーモンドプードル・・・45g
フェーヴ(または、ローストアーモンドやレーズン)・・・1個
卵(仕上げ用)・・・適量


<<作り方>>

① 冷凍パイシートを解凍します。

② 無塩バターを室温に戻してやわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。

③ ②に砂糖・トレハロースを加えてよく混ぜ、卵を入れて混ぜ、次にアーモンドプードルを入れてさらによく混ぜます。
ガレットデロワ2011a

④ 型に①のパイシートを一枚敷いて③でできた生地を流しいれ、フェーヴを埋めて、もう一枚のパイシートでしっかり蓋をします。
ガレットデロワ2011b

⑤ オーブンは200度に予熱します。

⑥ ④のパイシートの表面に、ナイフで切れ目を入れて飾ります。そのとき、下まで貫通しないように、表面だけを切ります。中央にはナイフを刺して穴を開けます。仕上げ用の卵をとき、表面全体に塗ります。
ガレットデロワ2011c

⑦ 200度のオーブンで25分ほど焼きます。

⑧ 焼けたら取り出して冷まします。


<<ワンポイントアドバイス>>

本物のフェーヴを入れるときには、切り分けるとき注意してくださいね。
アーモンドやナッツを入れるときには、ローストしてお使いください。

ガレットデロワ2011d

ガレットデロワ201101

写真の右奥の陶器の人形は、お気に入りのフェーヴです。
世界にはコレクターも居るくらい、可愛らしくて凝ったものもあり、毎年たくさんの種類のフェーヴが作られています。もしみかけたら、一度手にとってみてくださいね♪

楽しみかたのひとつを挙げておきますと。
ガレットデロワには、上に王冠(紙製のものが売られています)を飾ります。
切り分けるテーブルの下に最年少の子どもが入り、次のピースは誰に、次のは誰にと指示を出してもらって配ります。
みんなでそれぞれ自分のピースを食べて、当たりが入っていた人が王冠をかぶり、今年一年幸運に恵まれるとしてみんなからお祝いの言葉をもらいます。フェーヴはお守りにもらったりします。

もちろん、国や地方でも違いがあるのですが、我が家はこんな感じで毎年祝っています。


今年は5歳のお兄ちゃんが王様に。

いまも横で、王冠をかぶって嬉しそうに笑っています☆



▽製菓材料や道具はcuocaさんで揃えています。
クオカ/cuoca



▽ふたつのランキングに参加しています。応援いただけるとますます頑張れます♪

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村