めろんカフェ

関東首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、働くママです。我が家の適当明るい男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子をご紹介します。日記や日々の写真、イラストが入ります。

カテゴリ:手作りお菓子 > 手作りお菓子(バレンタイン)

訪れてくださって、ありがとうございます。見た目はあまり変わりませんが、半生ガトーショコラにコーヒーをプラスして焼き上げました。スイートなチョコレートに、ほのかな苦味が加わり、絶妙の味になりました!とてもおいしいアレンジになったので、レシピをご報告です。使 ... 続きを読む
コーヒー味の半生ガトーショコラ
訪れてくださって、ありがとうございます。

見た目はあまり変わりませんが、半生ガトーショコラにコーヒーをプラスして焼き上げました。

スイートなチョコレートに、ほのかな苦味が加わり、絶妙の味になりました!
とてもおいしいアレンジになったので、レシピをご報告です。

使ったのは、こちらのインスタントコーヒー。ブラックです。
コーヒー味の半生ガトーショコラ11
量は、2g。生クリームの加熱時に加えて混ぜたので、しっかりきれいに溶けました。

焼き時間は、今回18分でした。
使うチョコレートによっても変わるので、18~20分焼きの場合、18分に設定して焼き具合をみながら加熱時間を足しています。

もちろん20分焼いてもokですが、とろとろ加減をちょうど良く好みの状態にしたいときには、みながらのほうがおすすめです。

それではさっそく、レシピです。

■材料(18~20cmパウンド型1台分/6~8人分)■

チョコレート(固形)・・・200g
生クリーム・・・70ml
無塩バター・・・70g
卵・・・3個
インスタントコーヒー(ブラック)・・・2g(コーヒー1杯分)

■作り方(約25分)■

【1】小鍋にチョコレート、生クリーム、無塩バター、インスタントコーヒーを入れて弱火にかけ、混ぜながら溶かします。
コーヒー味の半生ガトーショコラ01
※ゆっくりと加熱して溶かし、沸騰はさせません。なめらかに溶けて混ざればokですので、バターが溶け切らないうちに火を止めて余熱で溶かしきるくらいで。
コーヒー味の半生ガトーショコラ02

【2】卵をよく混ぜてほぐしたものに【1】を加え、さらによく混ぜます。
コーヒー味の半生ガトーショコラ03

コーヒー味の半生ガトーショコラ04

【3】型に流し入れ、180度に予熱しておいたオーブンで18~20分焼きます。
コーヒー味の半生ガトーショコラ07

【4】揺らしてみて中央がふるふると揺れるくらいで焼き上がりです。冷ましたあと、型ごと冷蔵庫に入れて冷やせば、できあがりです。
コーヒー味の半生ガトーショコラ06

コーヒー味の半生ガトーショコラ08

▽敷き紙を敷いておくと、取り出したあとで開いて切り分けるとき、崩れる心配もなく簡単です。
コーヒー味の半生ガトーショコラ09

▽今回は良い感じに、中がとろっと仕上がりました。
コーヒー味の半生ガトーショコラ10
冷蔵庫で冷やしているので、とろっとしていても切り分けられますよ。
1時間以上、3時間ほど冷やせばしっかりします。

来客のあるとき、前の晩や朝に作って冷やしておいて準備ヨシ! という活用もできるので、おすすめです。
「冷蔵庫におやつあるからね」と、置きおやつとしても便利です♪
今回はコーヒー入りなので、おとな用のおやつですね。

スイートでビターな味では、無塩バター70gがぴったりでした。
もちろんそこはお好みでokです!

いつもの作り方と同じですが、写真つきにしました。いまはじめてこちらを見ているかたもいるかなと思いまして。
長くなってすみません。

ありがとうございます!

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。

 

訪れてくださって、ありがとうございます。おやつに作った、半生ガトーショコラ。最近は、無塩バター70gバージョンで作ることが多いです。焼き時間は18分+2分。カカオ分51%の製菓用チョコレートで、実質20分焼いている感じです。使用オーブンレンジはパナソニックのビストロ ... 続きを読む
IMG_1260nnna
訪れてくださって、ありがとうございます。

おやつに作った、半生ガトーショコラ。
最近は、無塩バター70gバージョンで作ることが多いです。

焼き時間は18分+2分。
カカオ分51%の製菓用チョコレートで、実質20分焼いている感じです。

使用オーブンレンジはパナソニックのビストロ。2段焼きができるタイプを使っています。
もう現行モデルではありませんので、使いはじめて何年も経っていますね。
大切に使いたいです。

チョコレートは、製菓用と板チョコ、どちらも作ります。
カカオ分が高いものは、加熱時間を短めに設定して焼きはじめ、様子をみながら焼き上げるように。

やはり、18分焼いて中央のふるふる具合をみながらあとどのくらい焼くか判断すると、ちょうど良い焼き加減にできあがるので、おすすめの判断基準です。

また、型の材質や大きさによっても変わります。
あと、つくったよのレポートで、アルミカップに小分けにして焼いてくださっているかたのお写真が、とってもおいしそうなので、興味あります☆
配りやすいですよね。

つくったよのレポート、いつも本当にありがとうございます。
IMG_1241a
冷やしたあとで中がトロ~リ食感になるように仕上げるためには、表面がしっかり焼けていても、中央がプリンのようにふるふると揺れるくらいがいいみたいです。

あと、両端の切り落としもおいしいので、味見+楽しみ♪

粉類をいっさい使わず焼き上げますので、焼く上げてすぐに膨らんでいた中央がへこむように落ち着くのは、それでokなのでご安心くださいね。
粉を入れると気泡が保持されてふわふわになりますが、このガトーショコラは中がしっとりとろ~りなので、逆に気泡を残さないようにしているのです。

IMG_1246a
生クリームを添えるとおしゃれでおいしいです。

けれどシンプルにそのままでもおいしいので、我が家では切り分けて皿にのせてラップをかけ、冷蔵庫に入れておいて「おやつにどうぞ」としています。

用意しておくことのできるケーキは、お客様がくる予定のときにもすごく便利です。
デコレーションもないので、ラップをかけても崩れません。

では一応、レシピを簡単に。

☆☆☆バター70gバージョン、しっかりタイプ☆☆☆

【材料】
無塩バター・・・70g
チョコレート(固形)・・・200g
生クリーム・・・70ml
卵・・・3個

【手順】
①小鍋に無塩バター、チョコレート、生クリームを入れてごく弱火にかけ、ヘラで混ぜてなめらかに溶かします。
②卵を割りほぐしたボウルへ入れ、泡立て器を使ってよく混ぜます。
③型に入れて180度に予熱したオーブンで18~20分焼きます。

あとは取り出して冷まし、型ごとラップをかけて冷蔵庫で冷やして、できあがりです。

【コツ】
・火にかけるとき、無塩バターはできるだけ細かくちぎっておくと溶けやすいです。
・火は、ごく弱火で。溶けきる前に火を止めて余熱で溶かしきるくらいにすると、分離しにくいです。絶対に沸騰させないようにします。
・卵はしっかりほぐしますが、泡立てません。
・カカオ分が高いチョコレートは、焼き時間を短めにして様子をみながら。
・焼いてすぐは型から抜きません。崩れてしまいます。型ごと冷やして固めます。プリンと同じです☆

移動の際は、保冷剤と一緒に。
作ってからは冷蔵庫で保存、ラップをかけ、3~4日ほどで食べきります。

ご質問いただいていたことの回答やコツを、まとめました。
長くなってしまってすみません。
ここまで読んでくださって、ありがとうございます!

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。今回焼いた半生ガトーショコラ、70パーセントの高カカオチョコレートを使ってみました。見るからに濃厚! まさに濃い、恋!▽こちらのレシピで。ただし、焼き時間はちょい短めにしないと焼きすぎちゃいます。 実は、今回焼きすぎち ... 続きを読む
高カカオの半生ガトーショコラ02
訪れてくださって、ありがとうございます。

今回焼いた半生ガトーショコラ、70パーセントの高カカオチョコレートを使ってみました。
見るからに濃厚! まさに濃い、恋!

▽こちらのレシピで。ただし、焼き時間はちょい短めにしないと焼きすぎちゃいます。


実は、今回焼きすぎちゃいました☆
高カカオの半生ガトーショコラ01
けれども切ってみると、なかなか良いできあがりでした。

20分にして、いい具合のところで止めよう、と思いつつ別の家事をしていまして。
気づいたら、オーブンの焼き上がり完了のお知らせ音が☆
スミマセン。

カカオの味が濃厚なので、生クリームを添えたら丁度良く、とてもおいしかったです。

息子たちはそのままでも気に入って、あっという間に食べていました。
高カカオなので一切れずつ出しましたが、パートナーも気に入ってくれて、2日間でなくなっちゃいました。

作るかたによって焼き時間が微妙に異なるのは、オーブンの個性だけでなく、使うチョコレートのカカオ率もかなり影響があるようですね。

私がよく使うチョコレートは、カカオ分50パーセント前後のものです。

18分目安で焼き時間を設定して、型を揺らしてみて中央部分のフルフル具合で確かめると、丁度良い加減が判断しやすいと思います。
確かめるときは、やけどに気をつけてくださいませ。


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。レシピブログ「くらしのアンテナ」にレシピを掲載いただきました。数あるレシピの中から見つけてくださったライターのsakkiさん、ありがとうございます。記事は、ホワイトチョコレートの魅力あふれる簡単レシピ5選。白のチョコレー ... 続きを読む
ホワイトチョコバー2020
訪れてくださって、ありがとうございます。

レシピブログ「くらしのアンテナ」にレシピを掲載いただきました。
数あるレシピの中から見つけてくださったライターのsakkiさん、ありがとうございます。

記事は、ホワイトチョコレートの魅力あふれる簡単レシピ5選。
白のチョコレートは、いろいろな色彩が楽しめます。

集められたのは、どれも簡単に作ることのできるレシピばかり。
バレンタインデーに活用できそうです☆

▽「くらしのアンテナ」記事はこちらから。


使っている「ピンクペパー」は、スパイス売り場に並んでいます。
ペパーと名前がついていますが、コショウではなく、辛味はありません。

レストランでメイン料理の仕上げや、デザートで、ぱらっとふりかけられているのを目撃するのではないでしょうか。
コロンとした、赤くてまあるい、あの可愛い飾りです☆

ホワイトチョコレートとあわせると、風味がすごく良いのです。
個人的には、大好きです。

▽レシピブログ内の公開レシピページ。
簡単レンジで混ぜるだけ☆ホワイトチョコのシリアルバー(バレンタイン・ホワイトデーに)

簡単レンジで混ぜるだけ☆ホワイトチョコのシリアルバー(バレンタイン・ホワイトデーに)

めろんぱんママさん

シリアル食品のひとつであるグラノーラ(ドライフルーツ入りのもの)を使って、超簡単なシリアルバーを作りました。なによりレンジ加熱して混ぜるだけの手軽さが嬉しい♪ 「ピンクペパー」が味と見た目のポイントです☆
レシピブログ

このブログ内では、コチラ☆に載せています。
レシピというには申し訳ないくらい簡単なのですが、おしゃれでおいしくできあがります。

ホワイトチョコにこの組み合わせのチョコレートバーはなかなかないので、手作り感が出ると思います。

※くれぐれも、はちみつを使うものは満1歳を過ぎていないお子さまには与えないようお願いします。
理由はコチラ☆に、わかりやすく載せました。

このチョコレートバーは、普通に溶かして固めるだけの味とは全く違います。
よかったらぜひ、試してみてくださいませ♪


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。本日、翔泳社「みんなの暮らし日記ONLINE」にてレシピつき記事が公開されたので、お知らせいたします。バレンタインデーに活用できる、簡単ながらも本格的なチョコレート菓子が4レシピ☆・パリサクッ!本格「チョコチップのブラウ ... 続きを読む
バレンタインデーレシピ記事紹介202002a
訪れてくださって、ありがとうございます。

本日、翔泳社「みんなの暮らし日記ONLINE」にてレシピつき記事が公開されたので、お知らせいたします。

バレンタインデーに活用できる、簡単ながらも本格的なチョコレート菓子が4レシピ☆

・パリサクッ!本格「チョコチップのブラウニー」
・混ぜて固めるだけ「ロックチョコレート」
・アレンジ無限「ココアのカップケーキ」
・濃厚なめらか「ガトーショコラ」

アレンジやラッピングについてのヒントも載せました!

レシピはわかりやすく、イラストつきです。
話題のルビーチョコレートを使ったものもあります♪

▽記事はこちらから繋がります。


ガトーショコラのトッピングは、レース模様も美しいのでおすすめです☆
型やラッピングには、100円ショップのものも活用、ご紹介しています。

「半生ガトーショコラ」についても、持ち運びのヒントを写真とともに載せています。
記事内5ページ目の反転しているレシピ名から「半生ガトーショコラ」のレシピつき記事に飛ぶこともできます。
ぜひご活用ください♪

▽「チョコチップのブラウニー」も、とってもおすすめ☆
バレンタインデーレシピ記事紹介202003a2
とっても簡単レシピを、ぜひ記事内のイラストレシピでお確かめくださいませ♪
特別な日のお菓子だけでなく、日々のおやつにも活躍します。

がんばりすぎない、おいしいレシピ。
お役に立てると嬉しいです☆


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。チョコレートケーキの定番、ガトーショコラ。しっかり冷やして食べる濃厚な味のイメージですが、その濃厚なおいしさをそのままに、ふんわりしっとりしたケーキに焼き上げました♪卵の泡立て不要、冷蔵庫での冷やし不要、常温と持ち ... 続きを読む
しっかり簡単ガトーショコラ
訪れてくださって、ありがとうございます。

チョコレートケーキの定番、ガトーショコラ。
しっかり冷やして食べる濃厚な味のイメージですが、その濃厚なおいしさをそのままに、ふんわりしっとりしたケーキに焼き上げました♪

卵の泡立て不要、冷蔵庫での冷やし不要、常温と持ち運びに強いガトーショコラです。
作り方も材料もシンプルで、デコレーションも簡単にできます。

バレンタイン用では本命チョコに活躍しますが、切り分けるタイプなので大量生産チョコにもokです。
もし半量で作るときは、パウンドケーキ型がぴったりです。

しっかり簡単ガトーショコラ13
ブラウニーとガトーショコラの中間、良いところをあわせた感じです。
ハイブリッドスイーツ、「ガトーショコラブラウニー」と名づけたいくらいです!
(せっかくなので名づけました☆)

とてもおいしくできたので、パパの明日のおやつ分以外は、もう完食されてしまいました。
手作りなので、常温ならば3日ほどで食べ切ってくださいね。

それではさっそく、レシピのご紹介です。
写真多めで、わかりやすくしました。

ついでに、イラストレシピも記事後半、オマケでつけました!
お役に立てると幸いです。

■材料(20×20cmスクエア型1台分・約6人分)■

チョコレート(固形)・・・200g
無塩バター・・・120g
卵・・・2個
グラニュー糖・・・90g
薄力粉・・・120g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2


■作り方(約50分)■

【1】チョコレートと無塩バターを湯せんにかけ、混ぜながらなめらかに溶かします。
しっかり簡単ガトーショコラ03

【2】ボウルに卵を割り、よく混ぜてほぐします(泡立ては不要です)。グラニュー糖を入れてさらによく混ぜます。
しっかり簡単ガトーショコラ04

【3】溶かしたチョコレートと無塩バターを、【2】に加えて混ぜます。
しっかり簡単ガトーショコラ05

【4】あわせてふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え、ヘラに持ち替えて混ぜます。
しっかり簡単ガトーショコラ06

しっかり簡単ガトーショコラ07

【5】型に流し入れて表面をならし、底をトンと叩いて余分な空気を抜きます。
しっかり簡単ガトーショコラ08

しっかり簡単ガトーショコラ09
※写真のようにクッキングシートを敷きこんでおけば、焼き上がったあとで型から外すのが簡単になります。

【6】170度に予熱したオーブンに入れて35分ほど焼きます。
しっかり簡単ガトーショコラ10
※庫内の様子です。半量や倍量で作ったときは焼き時間が違ってきますので、様子を見ながら時間を加減してくださいね。

【7】焼き上がったらよく冷まし、しっかり冷めたら切り分け、できあがりです♪
しっかり簡単ガトーショコラ11

しっかり簡単ガトーショコラ12
長方形でも真四角でも、お好みで☆


■デコレーション■

持ち運びやすく彩りの良い、デコレーションの例です。
もちろん焼きっぱなしそのままでも、好みのデコレーションで構いません。
しっかり簡単ガトーショコラ13
△固まるタイプのチョコペン+チョコクランチ、がこちらです。

▽固まるタイプのチョコペン+カラーシュガーまたはチョコ菓子、がこちらです。
しっかり簡単ガトーショコラ14
デコレーション材料は食品スーパーでも購入できますし、100円ショップさんでも売られています。
ゆっくりじっくり、自分なりにピピッときたものを、選んでみてくださいね。

粉糖やココアパウダーをふりかけてもokです♪


■イラストレシピ■

☆材料と手順は上記と同じです。乱筆ですみません。
簡単ガトーショコラブラウニー20200125a
丁度良い、上品な食感。表面や端っこはサクッとして、中はふんわり濃厚です。
簡単なので、がんばりすぎないで手作りできます。
おすすめです♪


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


訪れてくださって、ありがとうございます。恐竜の化石っぽいクッキー型を買ったので、試しに焼いてみました。息子たちが喜ぶかなぁ、と思いまして。無塩バターを買うついでに、cottaさんでぽちっとな。▽「恐竜の化石クッキー型 3個セット」てのひらサイズの迫力あるクッキー ... 続きを読む
IMG_0757nnnaaa
訪れてくださって、ありがとうございます。

恐竜の化石っぽいクッキー型を買ったので、試しに焼いてみました。
息子たちが喜ぶかなぁ、と思いまして。
無塩バターを買うついでに、cottaさんでぽちっとな。

▽「恐竜の化石クッキー型 3個セット」
IMG_0709a
てのひらサイズの迫力あるクッキー型です。

レシピは、ココアクッキー仕上げにしてみました。
型がなくても、他に活かせるレシピです。
そちらも、のちほどご紹介します☆

それでは、さっそく恐竜の化石のほうから。

ベーキングパウダーなしでサクサク焼きあがります。
膨らんでカタチが崩れるのを防ぐため、焼く前に冷蔵庫へ入れて生地を冷やしました。

■材料(天板2枚分)■

無塩バター・・・90g
グラニュー糖・・・90g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・150g
ココアパウダー・・・10g

チョコペン(ホワイト)・・・目安としては、クッキー2枚につき1本です。

■作り方■

【1】室温でやわらかくした無塩バターにグラニュー糖を混ぜ、卵黄を入れてさらに混ぜます。薄力粉とココアパウダーを加え、混ぜて生地をまとめます。
IMG_0710a

【2】生地を7mmほどの厚さにのばし、型で抜きます。恐竜9体+おまけ分くらいの分量です。オーブンの予熱を待つ間、冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
IMG_0715a
※一枚が大きいので、崩れるのを防ぐため、型で抜いて周囲の余分な生地を取り除く方法にしました。

【3】190度に予熱したオーブンで、10~11分ほど焼きます。強火で一気に焼き上げるので、焦げないように様子をみながら、です。
IMG_0722a
※180度で12~13分でもokです。

【4】天板のまま冷まし、移動しても大丈夫なくらい冷めて固くなったら、網にのせて余分な水分や熱を飛ばします。湯につけてやわらかくしたチョコペンでくぼんだ部分を埋め、乾かしたら完成です♪
IMG_0746a


☆型がないときも、こんなクッキーを作ることができます☆

材料のチョコペンを、クルミにかえて。

成形するとき、生地を小さく千切って丸め、天板に並べて押しつぶすようにして円盤状にして、クルミを押すようにのせます。
IMG_0718a

あとは180度に予熱して12分ほど焼けば、できあがりです♪
IMG_0726a

▽バレンタイン用に、ラッピングしてみました。
IMG_0740nnnaaa
可愛いネコ缶は、100円ショップのダイソーさんで購入しました。
バレンタイン用コーナーにあったので、これいいなぁ、と一目惚れ♪

IMG_0729a
乾燥剤のシリカゲルも一緒に入れておけば、食べるときまでサクサクです♪

ワックスペーパーを無造作に敷いたら、おしゃれな印象になりました。
缶が小さいので、クルミくらいの幅のクッキーがちょうどいい感じです。

生地は簡単、味はちょうどよい甘さとサクサク感で、おすすめです♪


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。

 

訪れてくださって、ありがとうございます。昨年の末に作ったガレットを、ココア生地で焼いてみました。サクサクのガレットが、さらに香ばしく。バレンタインにも活躍できる見た目に仕上がりました。塩味があるクッキー生地なので、甘いものがニガテなかたにも食べていただき ... 続きを読む
簡単ココアのさくさくガレット01
訪れてくださって、ありがとうございます。

昨年の末に作ったガレットを、ココア生地で焼いてみました。

サクサクのガレットが、さらに香ばしく。
バレンタインにも活躍できる見た目に仕上がりました。

塩味があるクッキー生地なので、甘いものがニガテなかたにも食べていただきたいです。
コーヒーとも、紅茶とも、ミルクともあいます♪

簡単ココアのさくさくガレット12
前回のレシピにプラスしたのは、ココアパウダー10gです。
持ち運びをしても割れにくいよう、ベーキングパウダーは使わず、しっかりとした焼き上がりに。前回と同じように、入れても構いません。

それでは改めまして、レシピのご紹介です!


■材料(直径5cmほどの円で15~16個ほど)■

無塩バター・・・50g
粉糖・・・50g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・80g
アーモンド粉・・・20g
ココアパウダー・・・10g
塩・・・ひとつまみ

溶き卵・・・1/4個分(焼く前に塗る用)

■作り方■

【1】室温に置いてやわらかくした無塩バターに粉糖を加え、しっかり混ぜてクリーム状にします。卵黄、塩を加えて、さらに混ぜます。
簡単ココアのさくさくガレット04

簡単ココアのさくさくガレット05

【2】薄力粉とアーモンド粉、ココアパウダーを入れて混ぜ、生地をまとめます。
簡単ココアのさくさくガレット06

【3】5mmほどの厚さにのばして、円型で抜きます。セルクルでもコップでも、おうちにあるものでokです。竹串等で、表面に線を何本か引きます。
簡単ココアのさくさくガレット07

【4】天板に並べて、溶き卵を表面に塗ります。
簡単ココアのさくさくガレット09

※今回は、別のベーキングマットも使ってみました。ぽこぽことへこむようになっていて、焼き型のように立体になっているタイプです。
簡単ココアのさくさくガレット10

【5】180度に予熱したオーブンに入れて、12分ほど焼いたらできあがりです。
簡単ココアのさくさくガレット11
左が、今回使ってみた焼き型のような立体タイプのもの。右が、前回と同じシルパンです。

左はカタチが崩れないけれど、右のほうが底の焼きあがりは好きな感じかな。ベーキングパウダーなしでも固くならず、サクサク焼きあがったのは、平面のほうでした。
立体のほうはタルト等を焼くときに良いそうなので、機会があったらまた使ってみます!

せっかくなので、シリカゲルと一緒に封入して、パートナーの明日のお仕事おやつに。
簡単ココアのさくさくガレット13
サクサク食感と塩味で、休憩時間にリフレッシュできるといいな。
食べ切り量しか焼かなかったので、2袋だけでごめんなさい!

他は、休日の子どもたちのおやつになりました☆


▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。