6aa171ab.jpg
こんばんは。
訪れてくださって、ありがとうございます。


本日は、パウンドケーキのレシピをご紹介します。

ドライフルーツのフィグ(イチジク)にブランデーをふりかけ、焼いたときに風味良くやわらかく仕上がるようにしました。
おとな向けのお土産として、帰郷のときに持っていったパウンドケーキのひとつです。

とても喜ばれましたので、レシピをご紹介します。


<<材料>> 約20×5×5cmほど・もしくは18cmパウンドケーキ型1台分(8人分・約50分)

無塩バター・・・100g
グラニュー糖・・・90g
卵・・・2個
薄力粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
ドライイチジク・・・80g
ブランデー・・・大さじ1

※ブランデーはラム種等、何でも。アルコールの量は好みで調節くださいませ。


<<作り方>>

① ドライイチジクをひとつにつき12~14等分ほどに切ります。ブランデーをふりかけ、20~30分ほど置きます。

② 無塩バターをやわらかく戻し(室温に置いておくか、溶けない程度にレンジ加熱)、グラニュー糖を入れて混ぜます。

③ 卵を加え、さらに混ぜます。

④ あわせてふるった薄力粉とベーキングパウダー、①のイチジクを入れ、ヘラに持ち替えて混ぜます。

⑤ パウンド型に流し入れ、170度に予熱したオーブンで40分ほど焼きます。竹串などを刺してみて、とろっとした生地がついてこなければできあがりです♪


☆☆☆


先週の土日、「おかやま桃太郎まつり」がありました。
ちょうど予定があり、岡山駅周辺まで出掛けることに。
IMGP0657
「うらじゃ」の踊り、参加されているみなさんも楽しそうで、暑さも忘れてしまうほど。

うら(温羅)とは、岡山南部の吉備地方に伝わる伝承の鬼(オニ)のこと。
吉備津彦命(きびつひこのみこと)に退治されたという話があり、桃太郎のモチーフになったとも伝えられています。

伝承は大変に興味深いものばかりで、塚や遺跡など、今でも残されている場所があります。
それらを巡って太古の伝説に想いを馳せるのも、岡山のおすすめな巡り方です。

はてさて。
駅前にあるこちらの噴水は、昔からあるものです。
IMGP0631
まだ携帯電話がなかった頃、友だちと待ち合わせをしていて、噴水のあっちとこっちで待ちぼうけしていたという思い出が。
噴水が止まったとき、ようやく互いに気付いたという!

こちらは、なんだかとっても癒されるイラストの路面電車。
IMGP0653
ちょうどよいサイズ感が、けっこう好きだったりします。
なつかしい光景にも出会えて、嬉しいお出掛けでした♪


いつも応援くださっているかたへ、ありがとうございます。
ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります☆
楽天レシピ公式アンバサダー【めろんカフェ☆in楽天レシピ】 クックパッド【めろんぱんママのキッチン】