絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし
こんばんは。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪


本日は子どもたちと一緒に、おやつのクッキーを焼きました。

絵本「さんびきのこねずみとガラスのほし」に出てくるクッキーが食べたいと、朝出かけていた帰りに弟くんが言い出したのがきっかけです。
クリスマスが近いので、とても素敵な思いつきだったものですから(*^-^*)

本の表紙を縁取っている赤色からも想像できますように、クリスマスの光景が出てきます。
もちろん、クリスマスのご馳走も!
この物語を読まれたかたなら、どの場面のクッキーなのかピン☆とくるかと思われます。


はてさて、知っても知らなくても美味しいクッキー。
絵本を読めば作る楽しさも倍増ですが、まずは実際に作ってみたレシピを見ていきまっしょい♪


<<材料>> 6~7cmのクッキー12枚分(6人分・約20分/休ませる時間含まず)

無塩バター・・・80g
グラニュー糖・・・60g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・90g
アーモンドパウダー・・・60g
ドライフルーツ(レーズン・クランベリー等)・・・少量


<<作り方>>

① やわらかく戻した(室温に戻すか溶けない程度にレンジ加熱)無塩バターをクリーム状に練り、グラニュー糖を加えます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし02

② 卵黄を加え、よく混ぜます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし03

③ 薄力粉とアーモンドパウダー(ふるわなくてok)を加え、ヘラで混ぜます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし04

④ ひとつにまとめてラップに包み、冷蔵庫で15~30分ほど休ませます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし05

⑤ 12等分にした生地をのばして型で抜くか、丸めて押しつぶすように広げて、天板に並べます。王冠の押し形をつけて、細かく切ったドライフルーツを写真のように3つずつ押し付けます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし07

⑥ 180度に予熱したオーブンに入れ、15分ほど焼きます。キツネ色になったら、出来上がりです♪
3de993a2.jpg



香ばしい風味と、焼けたドライフルーツの旨さが良く合っていて、サクサクと美味しく食べることができました。

「たかおゆうこ」さんの絵に出てくる食べ物はどれも美味しそうなので、とても作りがいがあります。
雰囲気が素敵だから、ということもあるのかもしれません。

クッキーに「まほうのつえ」を使うところなど、子どもたちの心にサクサクッと入っていくのでしょうね。


▽そんなわけで、弟くんも、これがやりたかったのでした☆
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし06
ぴったりの小道具がなかったので、自作していました。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし11
そういう発想が出てくるということも、良い刺激なのでしょうね。
黄色で作ったあと、ちょっと考え込んで、今度は金色で作っていました。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし01
考えるきっかけをくれる絵本、そして子どもの成長に感謝です。
ありがた♪(*^-^*)

▽お兄ちゃんは、こっちのほうをお手伝いしました。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし08


▽ちなみに、「おうさまのしるしの はんこ」がなかったので、これも自作しました(笑)
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし10
厚紙を切って形を作ったあと、オーブンシートをかぶせてあります。

ないものは工夫して作る♪
そんな感じの、我が家です。


▽絵本「さんびきのこねずみとガラスのほし」(楽天ブックスにとびます)

☆☆絵本データ☆☆
「さんびきのこねずみとガラスのほし」
たかおゆうこ/作・絵
徳間書店 2013年11月13日
ISBN 978-4-19-863710-1

可愛い絵も素晴らしく、物語もほんわりほっこり温まる展開で、特に弟くんのお気に入り絵本になっています。
細かな部分も丁寧に描かれているので、思わずおとなも惹き込まれます。

いまの季節にぴったりなので、おすすめの一冊です♪


☆☆☆


<<オマケの日記>>


今日は映画になった「妖怪ウォッチ」の公開初日、朝イチの上映に行ってきました!

いろんな意味で、とても楽しい映画でした。
「真打」からデビューした子どもたちも、かなり真剣に見入っていました。他のちいさなお子さまたちも、静かに座って夢中で観ていましたので、それだけ子どもを魅了するチカラのある作品だったのではないかと思います。

▽「フユニャン」良いですね!
9a3ae42b.jpg

「カッコイイ!」と、周囲の席から声があがっていました。
子どもの多い映画の館内ですと、臨場感があって発見が多いです。「あぁ、こういう展開で盛りあがるんだな」とか「この外しかたがうけるのか!」や、「ここで笑うのね☆」など。
ちょっぴり、絵本の読み聞かせに通じるものがあるなぁ、と感じました。

ちなみにこの写真の弁当は、いつぞや作った小学校のキャラ弁当です。
キャラ画像の替わりに載せました(笑)
ご了承くださいませ。


☆☆☆


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
宜しければ、また覗いてみてくださいね♪