84133e9c.jpg

おはようございます♪
ちょっと早いのですけれど、今期のガレット・デ・ロワということで、作りました!

本当は新年の1月6日に、みんなで分け合って食べるフランスの食べ物です。
我が家は何でも早いですね(笑)

▽市販のパイシートを使えば、本当にすっごく簡単です。
2014ガレットデロワ01

混ぜていくだけのアーモンドクリーム、簡単シンプルがおいしい!


ぜひご一緒に食べる方たちと運比べをしてみてくださいませ。
見事フェーブ(フェーヴ)を当てたかたは王冠をかぶって、幸運をお祝いください♪


<<材料>> 15cmマンケ(トルテ)型1台分(6~8人分・約30分)

冷凍パイシート・・・2枚
無塩バター・・・45g
グラニュー糖・・・40g
卵・・・1個
アーモンドプードル・・・45g
フェーヴ(我が家はレーズン・子どもが食べるので)・・・1個
卵黄(塗り用)・・・1個分
バター(型に塗る用)

※冷凍のパイシートは、あらかじめ解凍しておいてください。


<<作り方>>

① まず中身のクリームを作ります。無塩バターを室温に戻して(溶けない程度にレンジ加熱でもok)やわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。グラニュー糖を加えてよく混ぜます。
2014ガレットデロワ02

② 卵を入れて混ぜ、次にアーモンドプードルを加えてさらによく混ぜます。これで中に入れるクリームができました。
2014ガレットデロワ03

③ 型にバターを塗ります(指にラップを巻いてバターをつけて塗ると、きれいに塗ることができます)。
2014ガレットデロワ13

④ ここから手順を詳しく説明していきます。バターを塗った型にパイシートの1枚を広げ、フォークの先などで穴を開けていきます。
2014ガレットデロワ04

⑤ ②で作ったクリームを型に入れ、平らにならします。
2014ガレットデロワ05

⑥ 一箇所に、フェーブ(我が家はレーズン)を埋め込みます。
2014ガレットデロワ06

⑦ もう1枚のパイシートを被せ、なるべく空気が中に残らないようにぴったりと蓋をして、黄身(塗り用)で接着するように重ねあわせていきます。
2014ガレットデロワ07

⑧ 型に沿って、余分なパイシートを切り落とします(余分のところは、あとで一緒に焼いて食べられます)。
2014ガレットデロワ08

⑨ フォークの先で周囲を押さえるようにして模様をつけつつ、しっかりとくっつけます。
2014ガレットデロワ09

⑩ 貫通しないように気をつけながら、ナイフで表面に好みの模様を書いていきます。
2014ガレットデロワ10

⑪ 真ん中には空気の通る穴を開けます(竹串を使いました)。
2014ガレットデロワ11

⑫ 表面に卵黄を塗ります。
2014ガレットデロワ12

⑬ 200度に予熱したオーブンに入れ、25分ほど焼きます。
2014ガレットデロワ14

⑭ 2014年は『午(うま)』です。そんな年にぴったりの、愛らしい馬のフェーブを見つけました☆
ガレットデロワのフェーブ馬
王冠やフェーブがあれば、ガレットデロワ本来の楽しみ方ができます。楽しいですね♪

フェーブは、世界中にコレクターがいます。
毎年新作がでているので、集めてみるのも可愛いかも。

製菓材料のお店でも、この時期には紙でできた王冠やフェーブを売っています。
本場フランスでは、クリスマスから新年にかけてのイベントが終われば、1月はいよいよガレット・デ・ロワの季節です。

最近はここ日本でも、けっこう知られるようになってきたと思います。
作ってみたらぜひ、ご家族や友人、お仲間さんたちと分け合って楽しんでくださいね♪


☆ランキング参加中です。ポチッと押していただけると、更新の励みになります☆


スパイスブログ認定スパイス大使2013
スパイスブログ認定スパイス大使2013