とりっぴぃのお弁当

しまじろうのお友だちのひとり、とりっぴぃのお弁当です。

みみりん、らむりん、そしてとりっぴぃは、しまじろうとよく一緒に遊んでいるお友だち。
とりっぴぃは、明るくひとを楽しませるのが大好きな、オウムをモチーフにした男の子のキャラクター。
たまにいらないコトまでお喋りしちゃうお調子者だけれど、友だち思いで優しくて好きです。


<<メニュー>>

とりっぴぃのご飯
肉じゃが(じゃがいも・いんげん・にんじん・舞茸・ホワイトぶなしめじ・牛ひき肉)
卵焼き
ソーセージ
ミニトマト


<<とりっぴぃのご飯の作り方>>

☆材料
ごはん・・・子ども用茶碗1杯分
デコふり(みどり)・・・ひと袋
にんじんのグラッセ・・・3切れ
スライスチーズ・・・1/4枚
薄焼き卵・・・少々
海苔・・・少々
ピーマン・・・1カケ
マヨネーズ(貼り付け用)・・・少々
ケチャップ・・・少々

☆作り方
① 1/5くらいを白いご飯のまま楕円にラップで成型して、お弁当箱の手前に詰めます。

② 残りにデコふりを混ぜてみどりのご飯にして、半分を丸く成型して中央に詰めて顔にします。

③ みどりのご飯の残りで手(ハネ)をふたつつくります。指にあたるハネは、手の本体をつけたあとでちいさく玉にしたものを貼り付ける感じでいくときれいに形が出ます。

④ 白いご飯の部分に、服の横しまに見立てて海苔を貼ります。マヨネーズで接着するとズレたりヨレたりしにくくてオススメです。にんじんのグラッセで蝶ネクタイを作って貼り付けます。

⑤ 薄焼き卵で口を作り、赤い部分はにんじんのグラッセで作ります。顔の中央に貼り付けます。

⑥ スライスチーズで目をふたつ、服のボタン、とさかの真ん中の部分を竹串で抜いて貼り、海苔でまゆと目を作って貼り付けます。とさかの右の部分はにんじんのグラッセ、左はピーマンを加熱して作りました。

⑦ 仕上げに、ほっぺにケチャップを乗せて、出来上がりです。


<<ワンポイントアドバイス>>

とりっぴぃのご飯の薄焼き卵は少量しか使わないので、卵焼きを作るときちょこっとだけ卵焼き器にたらして焼いておくと効率いいです。



▽こどもちゃれんじ。子どもと一緒に成長するしまじろう、5歳になる歳の4月(こどもちゃれんじ すてっぷ)に、とりっぴぃと出会い、お友だちになります。ほのぼのしたエピソードが大好きです。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


応援クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村