倉敷美観地区017
訪れてくださって、ありがとうございます。

久しぶりに倉敷美観地区を訪れてみたくなって、出かけてきました。

※お店の場所や値段、メニュー等は、2019年1月1日現在のものです。撮影、ブログでの紹介につきましては許可をいただいております。

岡山県倉敷市にある「美観地区」は、JR倉敷駅南口から徒歩10分ほどの場所にあります。
江戸幕府によって天領(幕府の直轄地・俗称)に定められたとき、倉敷代官所が設けられ、発展した歴史を持ちます。
明治になって代官所の跡地には倉敷紡績株式会社の工場が建てられ、現在は「倉敷アイビースクエア」として、蔦(アイビー)のつたう赤レンガの壁が印象的な、ホテルや記念館、工房やオルゴールの博物館のある観光地になっています。

倉敷美観地区は、白壁の蔵や屋敷が並ぶ静かな街並み。白と黒のコントラストが美しい場所です。
倉敷美観地区021
人力車、土産物、揺れる柳の木の枝、白鳥、橋、そして倉敷川。
天領時代の光景を眺めるなら、倉敷美観地区はおすすめの場所です。
倉敷美観地区007
今回訪れたくなったのは、子どもに大原美術館の絵を見せたかったからでした。

学生の頃から好きだった場所、「大原美術館」。
ここには、クロード・モネの「睡蓮」やエル・グレコ「受胎告知」をはじめ、素晴らしい美術品が展示されています。
倉敷美観地区009
館内は撮影禁止なので、お土産写真は外観だけですみません。

混むこともなくゆったりと鑑賞することができるので、超おすすめの美術館のひとつ。
世界的な名画を所蔵する、私立美術館です。
この日は1月1日、本館のみの入館でした。
倉敷美観地区008
この隣には、「エル・グレコ」という名のカフェがあります。
大正時代、当時の倉敷紡績社長によって事務所跡に作られた、美術鑑賞の余韻を楽しむ場所だそうです。
倉敷美観地区018
『喫茶 エル・グレコ』
倉敷市中央1-1-11

実は地元なのに、今回初めて入ったのでした。
店内は落ち着いた雰囲気、コーヒーがとってもおいしい♪
そして、ミルクの容れ物が可愛い!
倉敷美観地区015
コーヒー、税抜き500円。コールコーヒー(アイスコーヒー)は、税抜き550円。
他に、ココアやティー、ミルクセーキやフルーツジュース、期間限定で塩ココアなどがありました。

レアチーズケーキ、おいしかったです。
ブルーベリーソースつき、税抜き450円。トースト、カステイラ(カステラ)もありました。
倉敷美観地区016
カステイラのほうはおにいちゃんが注文、あっという間に完食していました。
おいしかったとのことです。

今回は、行列等々で時間を取りそうでしたので食べなかったのですが、コロッケもおいしくておすすめなのだそうです。
美観地区の入り口だけでなく、倉敷川の橋を渡って歩いた奥にもコロッケのお店がありました。
倉敷美観地区013
せんべい、食べました。食べ歩きできるせんべいって、珍しいのかもしれませんね。
倉敷美観地区006
種類が多く、ぱっと見て焼き鳥かと思える見た目の串付きのものがあり、見るだけでも楽しいです。
けれどやはり、見るだけでなく食べてこそのおせんべい!
というわけで、ふたつ購入してみました。
倉敷美観地区005
なかなかの大きさ。1枚でも食べ応えがありました。お値段はいろいろですが、ひとつ150円ほど。
そのまま歩いて、アイビースクエアへ。
こちらは美観地区側から入った場所です。
倉敷美観地区004
ふと目にした看板につられて、レンガの壁の中へ進みます。
見つけたのは、ピオーネ100%だというジュース。
ワインのような濃さで、ワインではなくジュースなのが嬉しいところ。おすすめです。
倉敷美観地区002
『ふなおワイナリー 倉敷アイビースクエア店』
岡山県倉敷市本町7番2号
価格や味は、コチラ☆でご紹介いたしました。

船穂町という真備町の隣にある町のワイナリーから来ているので、確かな味です。
おいしくいただきました!
倉敷美観地区003
入口の雰囲気も好きです。
店員さんも親切なかたたちで、メニューに迷ったらおすすめを聞いてみると教えてくださると思います。
カウンターのようになっていて、席もありますが、天気の良いときはそばの広場がおすすめ。
テーブルが並び、広くて気持ちの良い場所になっています。
倉敷美観地区020

この後もしばらく歩き、おなかが空いたので、以前から気になっていた「みそかつ」のお店に向かうことに。
倉敷美観地区014
『みそかつ 梅の木』
岡山県倉敷市阿知2-19-3

倉敷駅からのびる中央通りに面していて、大きな道路沿いに美観地区に向かうとき、お店の前を通る位置にあります。
倉敷美観地区012
こちらのみそかつは、豚ヒレ肉をきめ細かな生パン粉の衣で包み、オーブンで焼き上げて作られています。
ぱくぱくっと食べやすい大きさも、嬉しいところ♪
倉敷美観地区011
ごはんがとってもおいしく炊かれていました。みそだれともよくあいます。

古きと新しきが混在しているような、倉敷の町。
人が多いときは「あぁ、観光地だなぁ」と感じますが、普段はとても静かな落ち着いた町。
倉敷美観地区001
丁寧で当たり前の光景が続く、倉敷美観地区。
広すぎず混みすぎず、地元であっても新しい発見のある場所です。

▽最寄り駅、JR倉敷駅(南口)。
倉敷美観地区010
駅ビルが、変わらない姿のまま低くなっているのが興味深いところ。
2013年から2015年、減築工事が行われました。

岡山、倉敷、おいでんせぇ♪

長くなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
近くに来られた際には、ぜひ訪れてみてくださいませ♪
 
▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。