ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ10
訪れてくださって、ありがとうございます。

便利なキッチン家電、最近は仕事で忙しいこともあり、とても興味がありました。

そんなタイミングで、今回モニター参加をさせていただいたのは、「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」。

ブレンダーとは、鍋に棒状のものを入れて「ブィ~ン」とスープを作ったりするのをテレビ等で見ることがあると思いますが、あのアイテムです!

裏ごししたり長時間煮たり、そんな手間を省いてくれる、時短料理の強い味方。
仕上がりも良くなるので、時短を超えた便利アイテムだと思います。

今回はその便利機能を活かして、クリスリスにもぴったりのポタージュスープを作ってみました。

味は某スープ店のビスクのように深く豊かな味わいですが、野菜がたっぷり。かすかな酸味はトマト、色は赤ですが牛乳と生クリームで穏やかになっています。

▽今回のモニター、「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ01
キリッとしまったブラックカラーがおしゃれで、プロっぽいです!
驚くほど軽くて扱いやすいです。握り部分も手のひらにちょうど良く、スイッチの位置も指にぴったり♪

今まで、手に持ったときちょっと重いなぁと感じて「便利なのは分かっているけれどなかなか活用できないなぁ」と思っていたかたに、特におすすめ。

大きすぎず、ちょうど良いサイズのパーツは、どれも洗いやすかったです。
無駄のないシンプル構造なのが、日常使うのに適していると感じました。

そんなハンドブレンダー(ハンブレ)を使った、クリスマスにもぴったりのカラーのポタージュスープ。
さっそく、作っていきまっしょい!

▽今回使ったのは、「ブレンダー」と「チョッパー」です。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ03
写真右下が本体です。付け替えて使います。

■材料(4人分)■

パプリカ(赤)・・・大きめ1個
玉ねぎ・・・1/6個
完熟トマトの缶詰(ホール)・・・1缶
 ※トマト・ピューレーづけ(固形量250g、内容総量400g)
コンソメ・・・1個
湯・・・300ml
牛乳・・・150ml
生クリーム・・・100ml
オリーブオイル・・・小さじ1
塩・コショウ・・・適量

ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ02
※メインとなる材料は、この3つ。あとはコンソメを湯に溶かしたもの、牛乳、生クリームのみ。

■作り方(約25分)■

① パプリカはへたと種を取り、適当に切った玉ねぎと一緒にチョッパーボールへ入れます。中速の連続運転に5~10秒かけました。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ04

② オリーブオイルと①を鍋に入れ、中火にかけます。ふつふつと煮えて水分が飛んできたら一度火を止め、完熟トマトの缶詰(ホール)を全て入れて、トマトの固形分をつぶすように混ぜながら再び中火で加熱します。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ05

ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ06

③ コンソメを湯で溶かしたものを注ぎ入れ、蓋をして15分ほど煮ます。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ07

④ 蓋を取って一度火を止め、ブレンダーの中速でなめらかになるまで混ぜます。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ08

⑤ 牛乳と生クリームをいれ、沸騰させない程度に火を弱めながら過熱します。塩・コショウで味を調えたら、できあがりです。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ09

※トッピングには、黒コショウの荒挽き、ハーブ(バジル)の乾燥スパイスをふりかけました。パセリのみじん切り等でもokです。

びっくりするほど簡単にできあがった、このポタージュ。
子どもたちも「おいしい」としみじみ言いながら完食してくれました。

野菜たっぷりだから、ママも嬉しいです。
ハンブレで簡単時短パプリカとトマトのポタージュスープ11

使ってみると分かる、ハンブレ時短の実力。
おいしいものをきちんと作るけれど、技術の力でその工程を短くする。
上手に手を抜く、というのはこのことかもしれないですね。

ブレンダー等は他にもいろいろ使ってきましたけれど、これは本当に軽くて使いやすくて、肩もこりません。

超優秀キッチンアイテム、ありがとうございます♪

▽お戻りの際、ポチっと応援いただけると、明日もがんばる元気になります。

レシピブログに参加中♪


▽LINEで更新をお知らせいたします。


【レシピブログの「ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト」参加中】
ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト
ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト