星空ひとやすみ

首都圏にて子育て中。星空を眺めるのが大好き、おっちょこちょいで迷子スキルの高いママです。我が家の適当男子たちの日常と、簡単おいしいおやつや料理のレシピ菓子を楽しく紹介したいと思っています。工事中です!

2014年12月

おはようございます。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ ちょっぴり早いのですが、我が家ではもう「ガレット・デ・ロワ」を作りました。 ほぼ毎年焼いているレシピですが、今回は中のクリーム(フランジパーヌ)にカスタードクリームを加え、ほんわり優しい味に ... 続きを読む
ee4cd95d.jpg

おはようございます。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪


ちょっぴり早いのですが、我が家ではもう「ガレット・デ・ロワ」を作りました。
ほぼ毎年焼いているレシピですが、今回は中のクリーム(フランジパーヌ)にカスタードクリームを加え、ほんわり優しい味に仕上げてみました。

本場フランスでは、ノエルや新年のお祝いが終わった頃には、このお菓子を街のあちこちで見かけるようになります。
これを食べないと新年という気がしないとのことなので、日本でいう「おせち」のようなものなのかもしれません。

1月6日のエピファニー(公現祭)にちなんだこのガレット・デ・ロワは、地方によっても様々な味があり、模様も作る人によっていろいろあります。

1月いっぱいは売られているのでいろんな味を堪能したいところですが、さすがにフランスは「ちょっとそこまで」の近所ではないので、おうちで簡単手軽に作っちゃいましょう♪

そんなわけで、本日は「ガレット・デ・ロワ」のレシピを綴ります!


▽今回も使ったのは、こちらの冷凍パイシート。
ガレットデロワ201501
スーパーで手に入る長方形のものでも使えますが、やはり正方形がきれいに仕上がります。
もちろん、パイ生地(フイタージュ)から手作りしてもokです。


<<材料>> 15cmマンケ(トルテ)型1台分(6人分・約30分)

冷凍パイシート・・・2枚
無塩バター・・・30g
グラニュー糖・・・30g
卵・・・1個
アーモンドパウダー・・・30g
カスタードクリーム・・・50g

フェーヴ(我が家はドライクランベリーを使いました)・・・1個
バター(型に塗る用)

※フェーヴとは「空豆」の意で、ガレット・デ・ロワの中に隠す陶器製のオブジェのことです。切り分けられた中にフェーヴが入っていれば「当たり」で、王様や女王様になれるという楽しみがあります。
我が家では間違って食べちゃうといけないので、ドライフルーツで代用しました。


<<作り方>>

① まず中のクリーム(フランジパーヌ)を作ります。無塩バターを室温に戻して(溶けない程度にレンジ加熱でもok)やわらかくし、泡立て器で混ぜてクリーム状にします。グラニュー糖を加えてよく混ぜます。

② 卵(黄身の部分をひとさじすくって取り分けておく・あとで塗る用に使います)を加えて混ぜ、アーモンドプードルを加えてさらによく混ぜます。カスタードクリームを混ぜ、フランジパーヌを仕上げます。

③ 型にバターを塗ります(指にラップを巻いてバターをつけて塗ると、きれいに塗ることができます)。

④ バターを塗った型にパイシートの1枚を広げ、フォークの先などで穴を開けていきます。②のクリームを入れ、一箇所にフェーブ(我が家はレーズン)を埋めます。

⑤ もう1枚のパイシートを被せ、なるべく空気が中に残らないようにぴったりと蓋をして、黄身(②で取り分けた塗り用)で接着するように重ねあわせます。

⑥ 型の縁に沿って、余分なパイシートを切り落とします(余分のところは砂糖をふり、オーブンで一緒に焼いて食べられます)。フォークの先で周囲を押さえるようにして模様をつけながら、しっかりとくっつけます。

⑦ 貫通しないように気をつけながら、ナイフで表面に好みの模様を書いていきます。ところどころに空気の通る穴を開けます(竹串等で)。

⑧ 表面に黄身(②で取り分けた塗り用)を塗り、200度に予熱したオーブンに入れ、25分ほど焼きます。しっかり焼き色がついて膨らんだら、出来上がりです♪
ガレットデロワ201503


▽今年の模様です。
ガレットデロワ201502
リーフ模様やぐるぐる模様より簡単なので、オススメです。


▽ガレッド・デ・ロワの詳しい手順は、写真つきでこちらに載せてあります。
『ガレットデロワ2014☆新年を祝うお菓子(簡単シンプル・詳しい手順つき)』
(新しいウィンドウで開きます)


▽カスタードクリームは市販のものを使いましたが、レンジで簡単に作る方法もあります。
抹茶たい焼き☆あずき&カスタードクリーム(レンジで作るカスタード簡単レシピ付)
(新しいウィンドウで開きます)


▽フェーヴは、毎年新作が出るほど、たくさんの種類があります。
ガレットデロワ201506
世界にはコレクターもいるくらい、魅力的なアイテムです♪


ご家族と、友人たちと、一年で最初の運試しで盛り上がるのはいかがでしょうか。
新年の持ち寄りパーティにも、宜しければぜひ。


いつも応援くださっているみなさま、心より御礼申し上げます。
今年一年も、大変お世話になりました。

また来年も、よろしくお願いいたします。






いつもお世話になっております、めろんぱんです。 今回は、こんなおせちを作ってみました。 「お菓子のおせち」です。 これ全部、1時間ほどで用意できました。 白い冷菓子は寒天なので、あっという間に固まります。焼き菓子は、一度生地を混ぜるだけで、3種類を一気に作 ... 続きを読む
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe2015
いつもお世話になっております、めろんぱんです。

今回は、こんなおせちを作ってみました。
「お菓子のおせち」です。

これ全部、1時間ほどで用意できました。

白い冷菓子は寒天なので、あっという間に固まります。焼き菓子は、一度生地を混ぜるだけで、3種類を一気に作ることができます。栗きんとんは焼き芋から作るので、さくっと混ぜるだけでした。

▽「ふんわりキウイとみかん」のケーキ。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201505a

▽「しっとり林檎とシナモン」のケーキ。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201503a

▽「ざくざくチョコシード」のケーキ。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201504a

写真多めで長くなってしまいますが、実際の手順をご紹介します。
ではさっそく、いってみまっしょい♪


<<材料>> 5~6人分(約50分)

☆焼き菓子パウンド3種
無塩バター・・・100g
グラニュー糖・・・90g
卵・・・2個
薄力粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2

りんご・・・1/2個
シナモンパウダー・・・小さじ1/6
ゴールドキウイ・・・・1個
みかん・・・4粒
シードとドライフルーツ・・・適量
ココアパウダー・・・小さじ1
チョコレート・・・20g

☆牛乳かん
寒天(パウダー)・・・4g
グラニュー糖・・・60g
水・・・300ml
牛乳・・・200ml
フルーツ(缶詰)・・・120g

☆超スピード栗きんとん
焼き芋・・・200g
栗(甘露煮)・・・10粒(120g)
はちみつ・・・10g


<<作り方>>

① まず「焼き菓子パウンド3種」を作ります。やわらかく戻した無塩バターにグラニュー糖を混ぜ、卵を加えてしっかり混ぜます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201512

② あわせてふるった薄力粉とベーキングパウダーをいれ、ヘラに持ち替えて混ぜます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201518

③ キウイとみかん、林檎を切って、2つのパウンド型(18cm)の底に並べ、林檎のほうにはシナモンパウダーをふりかけておきます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201509

④ ②の生地を3等分にして、それぞれ③の型へ流しいれます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201517

⑤ 残った1/3の生地にココアパウダーと、砕いたチョコを入れ、混ぜて3つめの型に流しいれます。上にシードとドライフルーツを敷き詰めます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201515
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201516

⑥ 底を叩いて生地をならし、170度に予熱したオーブンで35分ほど焼きます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201513

⑦ 焼いている間に、まず「フルーツ牛乳かん」を作ります。寒天パウダーと水を小鍋に入れ、かき混ぜながら火にかけます。沸騰したらグラニュー糖を混ぜて煮とかし、火からおろします。牛乳を注ぎいれ、混ぜます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201510

⑧ フルーツ(缶詰)を入れた型に流しいれ、冷蔵庫に入れます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201511

⑨ 次に「超スピード栗きんとん」を作ります。焼き芋の皮を除き、ボウルに入れてはちみつと混ぜ合わせます。栗(甘露煮)を加え、混ぜます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201507

⑩ 焼きあがった⑥のパウンド3種を網にのせてよく冷まします。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201514

⑪ それぞれのお菓子を箱に詰め、完成です。
ea9884ba.jpg



▽栗きんとんをおなかいっぱい食べたいときに、さくっと作ることができます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201506a
子どものとき、好きなだけ頬張ってみたかったという覚えが☆

▽3種のパウンドケーキは、おもたせや持ち寄りにも使えます。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201502
それぞれしっかり味が違うので、一気に違うものが作りたいときにも活躍します。
型が3つ必要になってしまいますが、必ずしもパウンドケーキ型でないといけないこともないので、お家にあるものでも大丈夫です。

シナモンパウダーは「GABAN」のものを、シードとドライフルーツはスーパーのおつまみコーナーで見つけたパックを使いました。ナッツの詰め合わせを砕いて使ってもokだと思います。


年末年始は実家に帰省するので、おせちは作りません。なので、アソビゴコロいっぱいのお菓子のおせちを作ってみました。
スイーツおせちお菓子のおせちmeloncafe201501
ここまで長くなりました。
見てくださったかた、ありがとうございます。


いつも応援くださっているみなさま、心より御礼申し上げます。
はじめましてのかた、宜しければいつでもまた、覗いてみてくださいね。





こんばんは。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ 本日は、クリスマスで使いそびれた「パンチェッタ」をマイタケなどのきのこと炒めたおかずを作ってみました。 簡単なものですが、ご紹介します。 添えてあるパンは、食パンです。 細く切って焼くと、ちょっぴり ... 続きを読む
8b726679.jpg

こんばんは。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪


本日は、クリスマスで使いそびれた「パンチェッタ」をマイタケなどのきのこと炒めたおかずを作ってみました。
簡単なものですが、ご紹介します。

添えてあるパンは、食パンです。
細く切って焼くと、ちょっぴりおしゃれな感じになりました。

シンプルで簡単な、美味しい一皿です。


<<材料>> 2人分(約10分)

パンチェッタ・・・65g
舞茸・・・80g
ぶなしめじ・・・80g
ミニトマト・・・6粒

にんにく(市販・チューブ)・・・少量
オリーブオイル・・・小さじ1
塩・・・少々
ブラックペパー(あらびき)・・・少々


<<作り方>>

① 舞茸とぶなしめじは食べやすく割き、パンチェッタは一口大に、ミニトマトは半分に切ります。
パンチェッタときのこのソテー03

② フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、舞茸とぶなしめじを炒めます。途中で塩をふります。
パンチェッタときのこのソテー04

③ 舞茸とぶなしめじに火が通ったら、パンチェッタとミニトマトを加え、強火でさっと仕上げます。ブラックペパーをふりかけたら出来上がりです。
パンチェッタときのこのソテー05


▽きのこの炒め物、大好きです♪
パンチェッタときのこのソテー01


☆☆☆


▽オマケの日記


そういえば、横浜の赤レンガ倉庫で開かれているスケートリンク、初日に行ってきた記事をアップしそびれていました。
20141206melonpan横浜赤レンガ倉庫04
ライトアップされる夕方から混んできましたが、朝のうちは人が少なく、気持ちよく滑ることができました。

20141206melonpan横浜赤レンガ倉庫08
☆Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫☆
テーマ「Narrative(ナラティブ)」
2014年12月6日(土)~2015年2月22日(日)
平日13:00~22:00/土日祝11:00~22:00

今年で10年目の開催だそうです。
ということは、私がこちらへ来た頃からあったのですが、今年行ったのが初めてだったりします。
幼い頃からスケートをやっていましたが、ここの氷は問題なく滑ることができるしっかりとした設備の屋外スケートリンクでした。

混みすぎていなければ、とてもオススメの場所だと思います。
なんといっても、みなとみらいの景色を眺めつつ、スケートが出来るのですから!
とっても不思議で、心地良い感じでした。

貸靴はセルフなので、スケートが初めてのかたは選ぶのにちょっと戸惑うかもしれません。
靴の中で足が動くことなく、かつ窮屈でないサイズをお選びくださいませ。

もうひとつ個人的にオススメなのが、傍に作られた屋外カフェでした。
簡単なものしか売っていませんが、店員さんの粋な応対とアップルティーが素晴らしく、美味しかったです。
ご馳走さまでした。

▽また来年のクリスマスに。
0fdce4d2.jpg

2014年も、あとわずか。大変お世話になりました。
来年もみなさまにとって、素晴らしい一年でありますように。


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
はじめましてのかた、宜しければいつでもまた、覗いてみてくださいね。





おはようございます。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ! すこし前ですが、はじめてシフォンケーキというものを作りました。 一番初めに作ったシフォンは全体までうまく膨らまなかったのですが、二度目に材料を見直してみるとしっかり膨らませることができました ... 続きを読む
シンプルなふわっふわシフォンケーキ
おはようございます。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ!

すこし前ですが、はじめてシフォンケーキというものを作りました。
一番初めに作ったシフォンは全体までうまく膨らまなかったのですが、二度目に材料を見直してみるとしっかり膨らませることができました。

シフォンケーキ、こんなにもふわっふわで美味しいものなんだなぁと大変気に入りました!
こんなに美味しいものを、今まで知らなかったとは・・・orz

確かに自分で卵白の泡立てをガッショガッショとかき混ぜていると、ものすごく大変そうです。
でもハンドミキサーがあれば、それも解決。
もしお持ちであれば、ぜひ!

バターではなくオイル(食用サラダ油など)を使います。
健康に良い、こだわりのものがあればぜひ、それを使ってみてくださいませ。

▽この魅力を知らないままだと人生ソンソン♪
880cfa93.jpg

そんなわけで、作り方をご紹介します。


<<材料>> 20cmシフォンケーキ型1台分(6人分・約1時間)

卵・・・6個
グラニュー糖・・・140g
オイル・・・80ml
水・・・100ml
薄力粉・・・150g


<<作り方>>

①卵は、黄身と白身に分けておきます。

② 卵の黄身にグラニュー糖(40g)を加え、泡だて器でよく混ぜます。オイル、水を加えてよく混ぜ、ふるった薄力粉を加えてさらに混ぜます。
シンプルなふわっふわシフォンケーキ01

③ 卵の白身にグラニュー糖(100g)を少しずつ混ぜながらハンドミキサーで泡立て、角が立つほどしっかりとしたメレンゲを作ります。②と混ぜて型に流しいれます。余分な空気を抜くため、底を2、3回ほど作業台に当てます。
シンプルなふわっふわシフォンケーキ02

④ 180度に予熱したオーブンに入れ、40~45分ほどしっかりと焼きます。焼きあがったらすぐに取り出し、ひっくり返して冷まします(しぼむのを防ぐためです)。
シンプルなふわっふわシフォンケーキ03

⑤ しっかり冷めてケーキが落ちついたら、型とケーキの間にナイフ等を入れて切り離すようにして取り出し、出来上がりです♪
シンプルなふわっふわシフォンケーキ04


▽あまり甘くない、おなかに心地良い食感。どうぞ切り分けてお召し上がりくださいませ♪
c2b5c990.jpg



▽はじめて購入したシフォン型、20cmの直径のものです。
シンプルなふわっふわシフォンケーキ06
届いてすぐの印象は「でっかいなぁ」でしたけれど、これだけ膨らむのならこの大きさも納得です!

そういえば弟くんは、届いたばかりの型を目にして、思わずこう言ったのでした。
「すごいっ! ママこれでドーナツ焼くの!?」
大真面目でしたよ(笑)


そして型ごとひっくり返されて冷まされているケーキに、子どもたちは目を丸くしていました。
今では、もうすっかり慣れたようですけれど(*^-^*)


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
初めて見てくださったかた、宜しければ、またいつでも覗いてみてくださいね♪


☆☆☆


「レシピブログ」さんの「くらしのアンテナ」に掲載されました。

『脳のアンチエイジング!?知られざる“くるみ”の実力』
(新しいウィンドウで開きます)

「くるみはその形が脳に似ていることから“ブレインフード(健脳食)”と呼ばれ、脳細胞に良いとされるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。脳も加齢とともに老化していくので、毎日の食事に意識的にくるみを取り入れていきましょう♪(掲載ページトップの本文より抜粋)」

生きるために日々酷使している脳は、一生使う大切なものです。
できればずうっと健康でありたいものですね。

毎日のくらしのなかで、美味しい食生活とともにいたわって過ごせたらイイですね(*^-^*)
ではでは♪





おはようございます! めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ メリークリスマス☆ いつも訪れてくださるかた、本当にありがとうございます。 いろいろバタバタしていて、あっというまにクリスマスという感じでした。 みなさまもご家族やご友人、大切なひとのため、 ... 続きを読む
クリスマスのブッシュドノエル02
おはようございます!
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪

メリークリスマス☆
いつも訪れてくださるかた、本当にありがとうございます。

いろいろバタバタしていて、あっというまにクリスマスという感じでした。
みなさまもご家族やご友人、大切なひとのため、忙しい時期だったのではと思います。

お疲れさまでした。
そんなわけで、本日はのんびりゆっくり、手軽に作って贅沢なひとときのためのクッキーをご紹介させてくださいませ♪

簡単にできるブッシュドノエルのレシピは、後半で☆

6041cb21.jpg

☆アイシング用のクッキー

<<材料>> 天板2枚分

無塩バター・・・140g
グラニュー糖・・・80g
卵黄・・・1個分
製菓用薄力粉・・・250g


<<作り方>>

① やわらかくしたバター(室温に戻すか、溶けない程度にレンジ加熱)を、泡立て器でクリーム状に練ります。グラニュー糖を加えて混ぜます。卵黄を加え、さらに混ぜます。

② 薄力粉を入れ、ヘラに持ち替えて混ぜます(手でもokです)。生地をまとめてラップに包み、冷蔵庫で15~30分ほど休ませます。

③ 6mmほどに伸ばして好みの型で抜き、天板に並べます。180度に予熱したオーブンに入れ、12~15分ほど焼きます。キツネ色になったら取り出し、網にのせて冷まして出来上がりです♪


しっかり冷ましたあと、アイシングや銀アラザンでデコレーションします。
キラキラした可愛いアイシングクッキーをお気に入りの皿にのせ、珈琲や紅茶を煎れて、ゆっくり休憩してください♪(*^-^*)/


はてさて。
このレシピで作るクッキー、実はこんな感じでいろいろ楽しめる万能クッキーなのです。

5d913b97.jpg


4be22d40.jpg


ヘクセンハウスお菓子の家窓と家具つきサンタのドールハウス

85a001cd.jpg


しっかり焼けばサクサク感が長く続き(保存は乾燥剤シリカゲルを一緒に封入くださいませ)、アイディアのままに組み立てることが出来ます。

けっこう根性のあるクッキーです(笑)

甘さが控えめなので、粉糖で作るアイシングにぴったりの味。そして普通に美味しいのに、組み立てにも使えます。
生地が余ったらチョコチップを混ぜ、子どもたちのお気に入り「チョコチップクッキー」にも!


ぜひいろいろ、楽しんで味わってみてくださいね♪


ちなみに、トップ写真のブッシュドノエルは、市販のスポンジを使い、とても簡単に仕上げたものです。
ご参考までに、作り方をご紹介します♪


<<材料>> (6人分・約10分)

シートスポンジ(ココア・市販)・・・1シート
チョコレートホイップ・・・200ml
グラニュー糖・・・15g
チョコレート(固形)・・・30g
好みのデコレーション・・・適量

※シートスポンジの大きさは、24×34cmです。
※今回のデコレーションは、サンタとクリスマスツリー(どちらもシュガードール)・さくらんぼ(缶詰)・キウイ・フローズンフルーツ(いちご・マンゴー・ブルーベリー)・ココアパウダーです。

<<作り方>>

① チョコレート(固形)を細かきざみ、チョコレートホイップはグラニュー糖を加えて泡立てます。

② シートスポンジにホイップの2/3を塗り広げ(巻き終わり2cmの部分は塗らないようにします)、きざんだチョコレートを少し残して残りをホイップの上全体にふりかけます。
クリスマスのブッシュドノエル01

③ 手前から巻き、片方の端を大きくカットしてロール本体の上にのせ、側面全体に残りのホイップを塗ります。刻んだチョコレートの残りとココアパウダー(デコレーション分)をふりかけ、全体をフルーツ等で飾りつけて、完成です♪


中に巻き込んだチョコの食感がアクセントになって、パリパリもぐもぐ美味しく食べられます♪
なにより簡単なのが良いですね☆


おすすめブッシュドノエル、他にもございます。

▽簡単でびっくり♪ 巻かないブッシュドノエルはコチラからどうぞ。
『ダブルチョコレートパウンドで簡単ブッシュドノエル☆クリスマスケーキ』
(新しいウィンドウで開きます)


☆☆☆


▽「こんだてnote」に紹介されました。

こんだてスタイリスト:まめ。さん


☆☆☆


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
宜しければ、また覗いてみてくださいね♪





おはようございます。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ 深夜過ぎての更新になってしまいました。 日付が変わってしまい、申し訳ありません。 ではさっそく、先日のヘクセンハウスの続きです♪ 一階建ての4棟とクリスマスツリーは、透明箱に入れ、各々贈り ... 続きを読む
ヘクセンハウスお菓子の家のラッピングボックス2014meloncafe01
おはようございます。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪

深夜過ぎての更新になってしまいました。
日付が変わってしまい、申し訳ありません。


ではさっそく、先日のヘクセンハウスの続きです♪


一階建ての4棟とクリスマスツリーは、透明箱に入れ、各々贈り物と次の日のおやつになりました。

小さな箱に入ると、ひとつの世界が封じ込められたようで、ちょっぴり不思議な感じです。
99773d17.jpg

こちらのツリーは、クリスマス当日までリビングに飾られます。
サンタがふたつ入っているのは、ふたり兄弟の子どもたちへの配慮です☆


ぴったりぎりぎりのサイズでしたので、持ち運んでも揺れ動くことなく、ちょうど良かったようです。
dc7af4ee.jpg



こちらは子どもたち用に、くまサンタのドールを入れて、それぞれの好きなカラーの屋根のおうちをプレゼント。
74cf52d5.jpg



同じクッキー生地で、雪のアイシングクッキーを作りました。
5d913b97.jpg

分けて食べられるので、大人数用の贈り物に。
銀アラザンは、シンプルな飾りでも華やか&クールに映えます♪

トレーがセットになって、開け閉めができて、つぶれにくいしっかりした材質のギフト用ボックス。
こちらは「cotta」さんで購入したものです。

「SC120 透明ガトーボックス(トレー付)」
サイズ:137×137×H105(外寸)
とっても使いやすい大きさで、上質な印象のおしゃれなトレーつき。オススメのラッピングアイテムです。


このふたつは、贈り物として貰われてゆきました☆
6433e8d1.jpg

リボンをかけ、あとでクリスマスシールを貼りました。

ちなみに、箱の中に入っている小さな袋は、乾燥剤シリカゲルの小袋です。
雪のアイシングクッキーには、シート状のものを封入しました。

アイシングクッキーの持ち運びや保存は、湿気に気をつけてくださいませ。
サクサク☆美味しく味わいたいですね♪


今日は祭日なので、平日お仕事で忙しいかたは早めにクリスマスを祝うかもしれませんね。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ♪


▽ヘクセンハウスのレシピは、こちらで紹介しております。
『クリスマスのヘクセンハウス♪2014(お菓子の家)☆クリスマスツリー広場のある、お菓子の街へようこそ!(昨年までのまとめ・レシピつき)』


☆☆☆


▽お知らせです。

「めろんカフェ」のレシピが、「ハウス食品公式スパイスページFacebookページ」に掲載されました。
ありがとうございます!


私もそろそろ、本格的に「Facebook」をやり始めなきゃかなぁ、と思っている今日この頃です。

そういえば、「めろんカフェ」のレシピで海外のかたがアップされている画像で、「おばけのおにぎり」が人気のようでした。
こちらは、「味の素KK アジシオ 『デコおにぎりコンテスト』」にも掲載されています。

「おにぎり」という料理は、日本の文化として人気なのかも知れませんね。
私も大好きです♪

(リンクは新しいウィンドウで開きます)


☆☆☆


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
宜しければ、また覗いてみてくださいね♪





こんばんは。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ 昨年までのヘクセンハウス(お菓子の家)、たくさんの閲覧やお気に入りをいただきました。 心より御礼申し上げます。 今年も、普通に美味しく食べることのできるクッキーを使ったヘクセンハウスを作ってみまし ... 続きを読む
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe09

こんばんは。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪


昨年までのヘクセンハウス(お菓子の家)、たくさんの閲覧やお気に入りをいただきました。
心より御礼申し上げます。


今年も、普通に美味しく食べることのできるクッキーを使ったヘクセンハウスを作ってみました!
クリスマスツリーのある街の広場をイメージしています。

夕暮れ迫る街の広場、サンタさんが佇んでいます。
物語がはじまりそうな予感がする、そんな場面を作ってみたかったのでした(こまかい☆)。


クッキーを焼きはじめたのが深夜、できあがったのが本日の昼過ぎでした。
この他にも二階建てのヘクセンハウスを作っていたのですが、太陽のある日中に完成せず(笑)

いやはや。
家族のこともしなければいけないので、やはり中断、中断だと大変でした。

でも、今年もヘクセンハウスを建てることができたので、ホッとひと安心☆
これらのお菓子の家は、箱に入れてラッピングしてみたので、その様子は明日ご紹介できればと思います。

72e811c2.jpg


昨年までのヘクセンハウスをまとめてみましたので、あわせて綴ります。
もし自分もヘクセンハウスを作るんだというかたがいらっしゃいましたら、少しでも標になれれば幸いです。


では先に、今までのヘクセンハウスをご紹介します♪

▽「レシピブログ」さんの「くらしのアンテナ」で紹介いただいたのが、コチラです。
『ヘクセンハウス村へようこそ♪☆簡単おいしいクッキーで作る、2013クリスマスお菓子の家』

▽サンタさんたちの住むお菓子のおうち、屋根が蓋になっていて、中の様子がのぞけます。テレビや暖炉、ソファもあります。窓からの光がさしているのがお気に入り。サンタさんたちと暮らしてみたいっ♪
『ヘクセンハウスお菓子の家(室内もばっちり)☆窓と家具つきサンタのドールハウス・2013クリスマス』

▽NHK BSプレミアム「写ね~る」の番組内で紹介されたヘクセンハウスが、コチラです。
『ヘクセンハウス2012☆クリスマスのお菓子の家』

▽ヘクセンハウス、初期の頃のものです。
『ヘクセンハウス(おぼえがき)☆クリスマスのお菓子の家』
『クッキーでつくる、ヘクセンハウス☆お菓子の家(続き)』
な、なつかしい・・・☆


では、今年のヘクセンハウス、クッキーのレシピからいきます♪
クッキーのほうの手順写真は、省きました。
焼いたのが深夜でしたし、そこまで並べているとものすんごく長くなってしまいそうなので(*'∇'*;

ではでは♪


☆型抜きクッキー(ヘクセンハウス・アイシング用)

<<材料>> ヘクセンハウス4棟+クリスマスツリークッキー1本分

無塩バター・・・420g
グラニュー糖・・・240g
卵黄・・・3個分
薄力粉・・・750g


<<作り方>>

① やわらかく戻した無塩バターにグラニュー糖を混ぜ、泡立て器でクリーム状に練ります。卵黄を加え、さらに混ぜます。薄力粉を入れて混ぜ、ひとつにまとめてラップに包み、冷蔵庫で15~30分ほど生地を休ませます。

② 6mmほどの厚さに均一に伸ばし、生地を切って天板に並べます。クッキングシート等を敷き、その上で型紙をなぞるように切って周囲の余分な生地を取り除く方法ならば、崩してしまうことなく簡単にできます。

③ オーブンを180度に予熱して、15~18分焼きます。キツネ色になるまで焼いたら、取り出して網にのせて冷ましておきます。


※今回のハウスの大きさは、床板10×12cm、家7×9×高さ9cmです。


☆ヘクセンハウスのデコレーション(全量)

<<用意した材料>>

アイシングパウダー・・・400g
水・・・少量
各種色粉(緑・ピンク・赤・黄・オレンジ等)・・・適量
アラザン(シルバー・イエロー・ピンク・グリーン・ブルー)・・・10g
カラースプレー・・・少量
クリスマスプレート・サンタドール・ツリー・きのこ等の砂糖菓子(市販)・・・お好みで
粉糖(仕上げ)・・・大さじ1


<<手順>>

① 必要になりそうなものは、できるだけ手元に用意しておきます。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe01

② アイシングは固まってしまうので、使用する都度、混ぜて作るようにします。まずは緑色のツリーとリースを作りました。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe02
アラザンやカラースプレーは、アイシングが完全に固まってしまう前に、素早くつけます。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe03
表面が固まっていても、中まで完全に乾くまではしばらくかかります。つついたりせず、そっと置いておきましょう☆
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe04
ツリーの組み立ては、アイシングで接着しても良いですし、そのまま重ねてもokです。持ち運ぶ必要のあるときは、しっかり接着してくださいませ。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe08

③ 今回は、ハウスの屋根を先に塗りました。クリスマスプレートは、屋根のアイシング(カラー)が乾く前に貼り付けます。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe05
アイシング(白)を接着剤代わりにして壁を立て、しっかり乾いたら、次に屋根をのせます。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe06
屋根や壁の隙間は、雪に見立てたアイシング(白)でしっかり埋めておきます。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe07
雪がつららのようにさがった演出もオススメです。
クリスマスのヘクセンハウスお菓子の家2014meloncafe00
あとは砂糖やチョコでできたドールや小物をアイシングで接着していけば、完成です♪
6041e2b4.jpg

雪に見立てた粉糖を茶漉しでふりかければ、ぐっと雰囲気が出てきます。なにより、細かなでこぼこが隠れるので、オススメです☆(笑)


我が家のケーキやヘクセンハウスに、いつもサンタさんがふたりいるのは、兄弟仲良く食べられるようにするためです。
譲り合いも大切ですけれど、なにより特別なイベントのお菓子なので、にっこりどちらも満足してくれるといいなと思って。

もし三人兄弟なら、サンタさんが三人になっていたと思います。
五人以上でしたら、わいわいと賑やかで楽しそうなヘクセンハウス街になっていましたね、たぶん☆


それでは♪
あまり寝ていないので、本日は(いつもより)早く就寝します。

また明日、元気にお会いしましょう!(*^-^*)/


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
宜しければ、また覗いてみてくださいね♪





こんばんは。 めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪ 本日は子どもたちと一緒に、おやつのクッキーを焼きました。 絵本「さんびきのこねずみとガラスのほし」に出てくるクッキーが食べたいと、朝出かけていた帰りに弟くんが言い出したのがきっかけです。 クリスマ ... 続きを読む
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし
こんばんは。
めろんカフェへようこそ、いらっしゃいませ♪


本日は子どもたちと一緒に、おやつのクッキーを焼きました。

絵本「さんびきのこねずみとガラスのほし」に出てくるクッキーが食べたいと、朝出かけていた帰りに弟くんが言い出したのがきっかけです。
クリスマスが近いので、とても素敵な思いつきだったものですから(*^-^*)

本の表紙を縁取っている赤色からも想像できますように、クリスマスの光景が出てきます。
もちろん、クリスマスのご馳走も!
この物語を読まれたかたなら、どの場面のクッキーなのかピン☆とくるかと思われます。


はてさて、知っても知らなくても美味しいクッキー。
絵本を読めば作る楽しさも倍増ですが、まずは実際に作ってみたレシピを見ていきまっしょい♪


<<材料>> 6~7cmのクッキー12枚分(6人分・約20分/休ませる時間含まず)

無塩バター・・・80g
グラニュー糖・・・60g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・90g
アーモンドパウダー・・・60g
ドライフルーツ(レーズン・クランベリー等)・・・少量


<<作り方>>

① やわらかく戻した(室温に戻すか溶けない程度にレンジ加熱)無塩バターをクリーム状に練り、グラニュー糖を加えます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし02

② 卵黄を加え、よく混ぜます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし03

③ 薄力粉とアーモンドパウダー(ふるわなくてok)を加え、ヘラで混ぜます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし04

④ ひとつにまとめてラップに包み、冷蔵庫で15~30分ほど休ませます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし05

⑤ 12等分にした生地をのばして型で抜くか、丸めて押しつぶすように広げて、天板に並べます。王冠の押し形をつけて、細かく切ったドライフルーツを写真のように3つずつ押し付けます。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし07

⑥ 180度に予熱したオーブンに入れ、15分ほど焼きます。キツネ色になったら、出来上がりです♪
3de993a2.jpg



香ばしい風味と、焼けたドライフルーツの旨さが良く合っていて、サクサクと美味しく食べることができました。

「たかおゆうこ」さんの絵に出てくる食べ物はどれも美味しそうなので、とても作りがいがあります。
雰囲気が素敵だから、ということもあるのかもしれません。

クッキーに「まほうのつえ」を使うところなど、子どもたちの心にサクサクッと入っていくのでしょうね。


▽そんなわけで、弟くんも、これがやりたかったのでした☆
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし06
ぴったりの小道具がなかったので、自作していました。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし11
そういう発想が出てくるということも、良い刺激なのでしょうね。
黄色で作ったあと、ちょっと考え込んで、今度は金色で作っていました。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし01
考えるきっかけをくれる絵本、そして子どもの成長に感謝です。
ありがた♪(*^-^*)

▽お兄ちゃんは、こっちのほうをお手伝いしました。
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし08


▽ちなみに、「おうさまのしるしの はんこ」がなかったので、これも自作しました(笑)
絵本のおやつクッキーさんびきのこねずみとガラスのほし10
厚紙を切って形を作ったあと、オーブンシートをかぶせてあります。

ないものは工夫して作る♪
そんな感じの、我が家です。


▽絵本「さんびきのこねずみとガラスのほし」(楽天ブックスにとびます)

☆☆絵本データ☆☆
「さんびきのこねずみとガラスのほし」
たかおゆうこ/作・絵
徳間書店 2013年11月13日
ISBN 978-4-19-863710-1

可愛い絵も素晴らしく、物語もほんわりほっこり温まる展開で、特に弟くんのお気に入り絵本になっています。
細かな部分も丁寧に描かれているので、思わずおとなも惹き込まれます。

いまの季節にぴったりなので、おすすめの一冊です♪


☆☆☆


<<オマケの日記>>


今日は映画になった「妖怪ウォッチ」の公開初日、朝イチの上映に行ってきました!

いろんな意味で、とても楽しい映画でした。
「真打」からデビューした子どもたちも、かなり真剣に見入っていました。他のちいさなお子さまたちも、静かに座って夢中で観ていましたので、それだけ子どもを魅了するチカラのある作品だったのではないかと思います。

▽「フユニャン」良いですね!
9a3ae42b.jpg

「カッコイイ!」と、周囲の席から声があがっていました。
子どもの多い映画の館内ですと、臨場感があって発見が多いです。「あぁ、こういう展開で盛りあがるんだな」とか「この外しかたがうけるのか!」や、「ここで笑うのね☆」など。
ちょっぴり、絵本の読み聞かせに通じるものがあるなぁ、と感じました。

ちなみにこの写真の弁当は、いつぞや作った小学校のキャラ弁当です。
キャラ画像の替わりに載せました(笑)
ご了承くださいませ。


☆☆☆


いつも見ていてくださるかた、ありがとうございます。
宜しければ、また覗いてみてくださいね♪